トップへ戻る
2016/07/19

パリエッフェル塔の魅力

オシャレで洗練された都市は世界中にたくさんありますが、フランスのパリは代表的な洗練都市で世界中の人から愛されています。

そんなパリの魅力にハマる人が続出!パリを初めて訪れる人たちのために厳選したパリ観光情報を紹介します。

パリといえばエッフェル塔

エッフェル塔

パリ=エッフェル塔といわれているように、フランスを象徴する代表的な塔になっています。

フランス革命100周年および1889年にパリ万博が開かれる際に建てられ、万博に間に合わせるためなんと2年2か月という超スピードで建設がすすみ、工事に携わった人は一人の死者を出さなかったことで知られています。

エッフェル塔に登るには忍耐が必要

せっかく観光に来たのだから、塔に登りたい!と誰もが思いますよね。

エッフェル塔は年中混み合っていて、最低でも1時間待ちは覚悟しましょう。入場チケットはネットから事前購入もできますが、その購入にも人数制限があるので、2₋3か月前からネット購入することをオススメします。

もちろん現地窓口でも買えます。料金は大人17ユーロです。

レストランで食事して並ばないで入場できる裏ワザ!

どうしてもエッフェル塔に登りたいけれども並ぶのはイヤという人は、長蛇の列に並ばない方法があります。

第2展望台にある『Le Jules Verne』はミシュラン一つ星のフレンチレストラン。

ここには専用の入場口があり、長蛇の入場待ちを横目で見ながら余裕で入ることができます!

裏ワザです!

エッフェル塔から眺めるパリ市内の絶景を見ながらフランス料理で楽しみ、食後は第2展望台の見学でさらに楽しむという方法もいいですよ。

もちろんレストランへの予約はお忘れなく!

パリのシンボル エトワール凱旋門

エトワール凱旋門

こちらもパリ名物としてエッフェル塔とともに人気の観光スポットです。凱旋門は皇帝ナポレオンが戦いに勝利した記念に建てました。

ここの門から放射線状に12本の道路が伸びていて、その様子が星(エトワール)に似ているのでエトワール凱旋門と呼んでいます。

シャンゼリゼ通りの先に凱旋門がある写真などは見たことある人が多いと思います。

凱旋門は上ることができる。

パリのエトワール凱旋門

凱旋門の前まで行く人は多いですが、エッフェル塔と同じように上ることができるのはご存じでしたか?

あまり混雑していませんが、地下道から門の頂上へ上ることができます。高さは50m、階段は234段、上り切るとパリ市内を見渡すことができます。

世界最大のルーブル美術館

世界最大のルーブル美術館

誰もが知っているルーブル美術館は世界最大級の国立美術館で38万点以上の展示物、入場者は毎年800万人を超えています。

有名な絵画、特にダ・ヴィンチのモナリザ、ミロのヴィーナスが展示されている所は常に混雑していますので、お友達やご家族とはぐれて迷子にならないようにして下さい。

館内もとんでもなく広いので、マップで確認しながら見学しましょう。

入場無料の日がある!

ルーブル美術館のモナリザの絵画

10月から3月の毎月第一日曜日と7月14日(祝)は、入場料が無料です。こういう時は混雑しているかも知れませんが、無料はありがたいですよね。

モンマルトルの丘に行ってみよう

モンマルトルの丘

パリで一番高い丘、18世紀から19世紀にかけて画家が多く住んでいたことから『画家の街』ともいわれています。

今でもアーティストや画家が多く、街のいたる所に絵が売られていますし、テルトル広場には画家たちがスケッチしている光景を見ることができます。

小道が多くかわいいお店がいっぱい

モンマルトル

ショッピングとしてもにぎわっているモンマルトル。パリ中心部の華やかさとはちょっと違って、どこか郊外ののんびりした雰囲気が漂う街です。

いつもと変わらない下町が好きな人も多いので混雑しているのかも知れませんね。街の裏通りや小道も多いので、お気に入りのお店が見つかるかも。

パリには欠かせないシャンゼリゼ通り

シャンゼリゼ通り

パリの華やかさに欠かせないのがシャンゼリゼ通りです。パリ市内を東西に横切る約3kmの大通りで、パリで最も美しい通りといわれています。

シャンゼリゼ通りは昼夜問わず賑わっていて、通常は日曜日休みのお店も、シャンゼリゼ通りだけは例外だそうです。

シャンゼリゼ通りはカフェからレストラン。ショッピングまでここの通りで一度に済ますことができるとても便利でそして魅力的な場所ですね。

世界中の一流ブランドショップもありますし、ルイヴィトンの本店も大きな門構えとLVマークが目に入ります。

シャンゼリゼ通り

夜中2時まで営業の総合ショップがある!

大型ショッピング店舗Publicis Drugstore(パブリシス・ドラッグストア)は夜中の2時まで営業しているので、ちょっと買い忘れたものとかがあっても気軽に買いに行けますね。

このショップは食料品から日用雑貨、ワイン、書籍などなんでもありのお店です。

まとめ

パリの魅力にハマった人はいつかパリに住みたい!と思うようになる位にステキな街です。世界中の人が憧れるのが分かるような気がします。パリ旅行を計画して、ぜひ楽しんでください。

⇒こんな感じの他の記事みる?