【京都鉄道博物館】に行ってきた!水族館も徒歩圏内で京都駅近スポット

京都鉄道博物館をご紹介

2016年オープン初日は入場者数が約1万4300人にもなった『京都鉄道博物館』に行ってきました。蒸気機関車から新幹線まで53両もの車両が収蔵され、様々な資料が展示されています。

鉄道博物館への市バスでの行き方

※「梅小路公園・京都鉄道博物館前」下車が一番近いですが、「梅小路公園前」下車でもほどんど変わらないくらい近いです。博物館は、梅小路公園の中を通っていけばすぐのところにあります。

京都駅から市バスで行く

<バス停名>
京都駅前(梅小路公園・京都鉄道博物館前行のバス)
86,88号系統
103,104,110号系統
<バス停名>
京都駅前(梅小路公園前行のバス)
205号系統
208号系統

二条駅から市バスで行く

<バス停名>
二条駅前(梅小路公園・京都鉄道博物館前行のバス)
58号系統

鉄道博物館から帰る

<バス停名>
梅小路公園・京都博物館前
市バス一覧
<バス停名>
梅小路公園前
市バス一覧

京都駅からは徒歩20分の距離になります。歩いて行けない距離ではありませんが、暑い日が続く5月~9月までは、京都駅からはバスやタクシーを利用しましょう。私は行きしなに京都駅から歩きましたが、後悔先に立たず…

⇒アクセス情報(ページ下部へ移動します)
⇒ショップ/食堂情報(ページ下部へ移動します)

※本ページは写真の多いページになります。読み込みに時間がかかる場合がございますので、全ての写真をご覧になる場合は、通信環境の良い場所でアクセスしてください。読み込み途中でタイムアウトした場合はゴメンなさい(>_<)

入場チケット京都鉄道博物館

※時間や料金は2016/5/01時点のものになります。
京都鉄道博物館

蒸気機関車C62形26号機

蒸気機関車C62形26号機。客室は戦前に作られた寝台客車です。

蒸気機関車C62形26号機 蒸気機関車C62形26号機

レトロ感がたまりませんね。

大阪環状線 電車内 大阪環状線 東海道新幹線0系21形1号車

東海道新幹線「0系21形1号車」。開業時に作られた車両で、時速200kmを超えるスピードを実現。キュートなフォルムでかわいい。

0系21形1号車かわいい 東海道新幹線0系21形1号車グリーン車両 東海道新幹線0系21形1号車内 東海道新幹線0系21形1号車 東海道新幹線0系21形1号車 気動車キハ81形

気動車『キハ81形』。国鉄初の特急用気動車(ディーゼルカー)。

いよいよ本館内へ!

いよいよ本館内へ 車両車種マーク種類

壁にお洒落にかざられています。

500系新幹線

平成8年当時は世界最速の300km/hで走った『500系新幹線』も間近に。

世界最速500系新幹線 世界最速500系新幹線 いよいよ本館内へ 雷鳥クハネ581形

『クハネ581形』。三段式の寝台車のため天井が高く、在来線車両では最大級の車両。

雷鳥 雷鳥 月光 二階から三階から眺める

二階からも、三階からも眺められます。自分のお気に入りの角度から、お気に入りの写真が撮れます!

自分のお気に入りの角度から眺める 動力部分 蒸気機関車230形233号機

蒸気機関車『230形233号機』。現存する国産最古の蒸気機関車。国の重要文化財にも指定されています。

蒸気機関車230形233号機 京都鉄道博物館本館内 信号機 動力の仕組み機械 京都鉄道博物館本館内 京都鉄道博物館本館内 京都鉄道博物館本館内 京都鉄道博物館本館内 運転シミュレーターもあります

運転シミュレータは大人気!早めに出向きましょう!

京都鉄道博物館本館内二階 京都鉄道博物館本館内二階改札 京都鉄道博物館本館内寝室 鉄道ジオラマ

鉄道ジオラマも長蛇の列!体験は出来る限り早めに出向きましょう!※開催時間は日にちにより異なる場合があります。

京都鉄道博物館の二階 京都鉄道博物館本館 三階にはスカイテラスが。

三階にはスカイテラスが。京都線を眺められ、京都駅発着の東海道新幹線を頻繁に眺めることができます。在来線と新幹線が同時に通る瞬間がシャッターチャンス!

扇形車庫

出口付近にある『扇形車庫』。明治から昭和にかけて活躍した代表的な蒸気機関車20両を保存・展示されています。重要文化財にも指定されており、大変貴重です。

扇形車庫 C581蒸気機関車 C622スチーム号 SLC56160北びわこ号 博物館最古のSL

博物館最古のSL『7100形義経号』。1880年にアメリカから輸入。北海道を最初に走った蒸気機関車。当時輸入された7100形には他にも7台あり、『弁慶』、『しずか』、『光圀』など歴史上の人物名が付けられています。

前方にある「カウキャッチャー」と呼ばれるバンパーに注目してください。

アメリカの広大な土地を走る際に、牛の群れなどを避けるためのものです。また、『鐘』も動物の群れへ知らせるためにのものだそうです。

7100形義経 扇形車庫 扇型車庫の様子

出口付近ショップは激戦

ショップ内は入場制限中

ミュージアムショップは超激戦地帯でした。何気にこのショップの建物も、日本最古の木造駅舎を移築・復元したもの。

歴史ある駅舎に、ここでしか手に入らないアイテムが多数!!ショップは閉館間近まで長蛇の列で、入場制限が設けられています。絶対に買いたい人は、並ぶの覚悟でお早めに!

ミュージアムショップ ミュージアムショップ

レストランや休憩場

レストラン情報をご紹介

本館2階にはレストラン(250席)も完備されているので、鉄道博物館をゆっくり見ながらお食事も可能です。

休憩場あり

また、本館3階には休憩所となる会議室が解放されているので、そこでお弁当を食べたり、自由に休憩可能です。

その他、通常トレイとは別に多目的トイレや、授乳室も完備されていますので、安心です。

京都鉄道博物館

営業時間:
10:00~17:30(入館は17:00まで)
休館日:
毎週水曜(祝日は営業)、年末年始(12月30日~1月1日)
料金:
大人1200円、高大生1000円、小中学生500円、3歳~中学生100円、2歳以下無料、※20人以上団体割引あり
住所:
京都市下京区観喜寺町
⇒Googleマップでみる
交通:
京都駅から徒歩20分。JR嵯峨野線 丹波口駅から徒歩15分。駐車場無し。
TEL:
075-323-7334

⇒市バス情報へ戻る

⇒こんな感じの他の記事みる?

京都鉄道博物館をご紹介