今話題の保護猫カフェ!普通の猫カフェとの違いとは?

保護猫カフェとは

近年は、猫ちゃんの黄金期といえるであろう大変な猫ブームです。

そうゆう私も猫ファンの一人ですが、以前野良ちゃんを保護して育ててからは、すぐにその虜になってしまいました。

このように飼ってみないとわからないニャンコの魅力ですが、そんな猫達も悲しいことに、毎日保健所で殺処分されているのが現実です。

そこで最近どんどんオープンされているのが「保護猫カフェ」。

この新しい「保護猫カフェ」と従来の「猫カフェ」はどんな違いがあるのでしょうか?

1.猫カフェとは?

普通の猫カフェの特徴

日本に最初にオープンした猫カフェは大阪市北区の「猫の時間」で、2004年にオープンしました。

基本的に猫カフェにいる猫達は、そこのオーナーの猫だったり、お客様を呼び込むためにブリーダーから集められた猫達になります。

猫カフェの猫達

カフェというくらいですから、コーヒーを飲んだり、スイーツが楽しめる場所もあり、同時に猫と遊べるシステムです。

ご存知のように猫は気まぐれですよね。なので猫に気に入ってもらうためのオモチャが置かれていたり、有料のおやつが置いてあります。

せっかくカフェを訪れたのに猫が寝てばっかりといって、無理に起こしたり、追いかけたりするのは、猫にとって大変なストレスになるので、絶対しないで最低限のルールは守りましょう。

2.保護猫カフェとは?

保護猫カフェとは?

さて普通の猫カフェとの違いですが、人と遊んでくれる猫達の全てが、残念なことに人から捨てられた猫だったり、保健所で殺処分を待っていた猫だったりする100%保護猫というところです。

これら保護猫カフェの運営は、NPO法人主体のところもあれば、地域のみなさんが助け合って運営しているところもあります。

そして保護猫カフェ利用者が払う使用料は全て、猫達に必要な食事代や病院費に使われるという素晴らしいシステムになっています。

まとめ

ミャゴラーレ「里親募集の保護猫カフェ」(東京都中野区)』

実際に猫を飼えない人でも、このような保護猫カフェのサイトにいって、オンラインショップを楽しむというアイデアもあります。

そのショップから買ったお金も全て猫達のために使われます。色んな方面から猫達のサポートができるのです。

まだ猫を飼ったことがなくてちょっと不安!という人は、まずこのような保護猫カフェで猫達と遊んでみてはいかがでしょうか?

何度か一緒に時間を過ごしているうちに、連れて帰りたい猫が見つかるかもしれませんよ。

最後に、猫ちゃんの飼育には「責任」と「愛情」をしっかり持ち、終生飼育が絶対です!

⇒こんな感じの他の記事みる?

保護猫カフェとは