トップへ戻る
2016/06/03

ワンちゃん快適宣言

6月に入り、だんだんと暑くなってきましたね。真夏にかけてこれから益々暑くなっていきます。ワンちゃんやネコちゃんを飼っているおうちでは、どのような暑さ対策をしていますか?

今回は犬の暑さ対策についてです。

屋内飼いでワンちゃんを飼っているのですが、お散歩から帰った後はもちろん、家の中で遊んでいる時も、舌を出してハアハアしていることが増えてきました。

大切な家族を守るために、暑さ対策をしましょう。屋外で飼っている方、家の中で飼っている方それぞれの対策方法と、お散歩・お出掛け時の対策方法を、いくつかご紹介致します。

屋外飼いの場合

わんちゃんの屋外飼いの場合

犬小屋をコンクリートの上に置かない

コンクリートの上に置くことで、温度がどんどん上がってしまいます。芝生や土の上に移しましょう。

犬小屋や、その周辺に日陰を

小屋とその周辺に、ヨシズをたて掛けたり、日除けネット等を張ってあげましょう。

日陰にスノコや、ウッドデッキを

スノコやウッドデッキを置いてあげることで、風通しも良くなり、直接地面にいるよりも過ごしやすくなります。

飲み水を小まめに取り替える

屋内外に関わらず、お水がすぐぬるくなってしまいますので、こまめに取り替えましょう。また、飲み水用のお皿に、大きめの氷を入れておくのも良いと思います。

室内飼いの場合

室内外のワンちゃん

ゲージを涼しく、風の通りやすい場所に

屋内では、閉め切ったままでいるとどんどん気温が上がってしまいます。直接日が当らない、出来るだけ風通しの良い場所にゲージを置いてあげましょう。

ゲージの中にひんやりグッズを

石板やアルミシート、冷却シートなど、様々なグッズが売られています。持続性や、ワンちゃんの特徴を考え、合うものを置いてあげて下さい。

冷却シートは、破れると口に入れてはいけない有害なものが出てくるので、噛み癖のある子は避けた方が良さそうです。大理石板は熱が通りにくく、ひんやりが持続するのでおススメです。

ホームセンターや、インターネットでもお手軽に買えますよ。

ペットボトルに水を入れ、凍らせておく

水を入れ凍らせたものを、扇風機の前に置いたり、タオルでくるんでマクラにしたりと便利なペットボトル。こちらもキャップ等の誤飲には注意してくださいね。

エアコンの温度に注意

冷気は、お部屋の上部よりも床に溜まります。人間よりも低い場所で生活しているワンちゃんは人間と心地よい温度が違うので注意してあげましょう。

お散歩・お出掛け時

お散歩お出掛け時の注意

日中を避け、早朝か、日が沈んでからにしましょう。真夏になると、朝7時半を過ぎたころからすでに地面は熱くなっています。
夕方は午後6時でも熱いままです。熱せられた地面は早々冷めません。

時間帯を選べない方もいると思います。出来るだけアスファルトを避け、芝生などを歩かせてあげましょう。

また、ワンちゃん用の靴も販売されているので利用してみてはいかがでしょうか。

服や首輪のひんやりグッズ

水にぬらして着せる服や、首輪など、様々なグッズが増えています。色柄も豊富になってきています。探してみてはいかがでしょうか。

ドッグラン等のお出掛け時の水分補給

ドッグランでは、水飲み用バケツ等が置いてあるところも多いです。バケツのお水はこまめに取り替えてあげましょう。

また、置いてあるバケツからは飲みにくい子もいるので、ご自分のワンちゃんが飲みやすい器を持って行きましょう。

ペットショップやインターネット等で、受け皿が着いていて、直接飲める水筒や、ペットボトルに取り付けるだけの飲み口等、便利な商品がたくさん販売されています。

いかがでしょうか?まだまだ書ききれないほどのグッズや対策方法がありますので、ぜひ合う方法を探してみてください。

⇒こんな感じの他の記事みる?