トップへ戻る
2016/01/27

ジェイソンステイサム

ジェイソン・ステイサムとは

ジェイソン・ステイサム(Jason Michael Statham)はイギリスの俳優(1967年7月26日生)で、今や世界を代表するアクションスターの一人です。

元水泳の飛び込み選手でイギリス代表としても活躍した後、モデルを経て俳優となり、トランスポーターや、アドレナリンなどの作品を経て、アクション俳優として不動の人気を確立。

トランスポーター

ジェイソンは大御所からも認められている

ダイ・ハードシリーズなどアクション映画以外にも数々の大ヒット作品に出演しているブルース・ウィリスがダイ・ハード/ラスト・デイ公開時のインタビューで、次世代のアクションスターとして、ジェイソン・ステイサムダニエル・クレイグらの名をあげた。

ロージーとジェイソン

ロッキーシリーズのシルヴェスター・スタローンが製作・脚本を務めるバトルフロントに主演したジェイソンだが、当初は、スタローン自身が主演をすることを念頭に企画がスタートしたと言われています。

しかし、スタローンが誰か他の若い俳優に役を譲りたいと考えたらしく、エクスペンダブルズで共演経験のあるステイサムを選んだそうだ。

大ヒット作品のトランスポーターなど、これまでの彼のキャリア、アクション俳優として地位をスタローンから認められことに違いない。このスタローンからのご指名に、「スタローンが自身のために書いた脚本をもらえるなんて、僕のキャリアで最高の瞬間だった」と大喜びしたそうです。

ジェイソンのアクション

サングラスの似合う男

スタントなしで演じることが多く、インタビューでは、「俳優として、すべてのシーンに責任があると思っている。もちろんアクションシーンもね。だから、そこだけを他人に任せるというのは、ちょっと違う気がする。可能な限り自分で演じ、その緊迫感で表現できることが大事だと思うんだ。」と述べています。

ジェイソンの鍛え抜かれた筋肉美

ジェイソンの肉体

男の中の男であるジェイソン。彼のアクションスターとしての魅力は、俳優としての演技力はもちろんのこと、数々の作品でみられる鍛え抜かれた完璧すぎる身体にもある。

日本でも彼の筋肉美に憧れる男性は多く、男性からみても彼は男の中の男で、憧れの存在だ。

一般人でも頑張って鍛えたらジェイソンみたいな身体になれるか

鍛え抜かれた身体

トランスポーターやアドレナリンなどを見て、あんな身体になりたい!と思った男性も多いはず。一般人の私達でも頑張ればあのようなかっこいい身体になれるのだろうか。

彼は週6日に渡り、とてつもない筋力トレーニングと、食事制限や禁酒までおこなっており、そのメニュー内容はオリンピックアスリートも顔負けのもの。

無酸素運動

一般人男性では相当な覚悟と、毎日それに費やす時間と、ジェイソン並みのタフさを維持できないと、あの身体になるのは現実的に厳しいかも。

また、ジェイソン主演のデス・レースの撮影前インタビューでは、海軍特殊部隊と共に週6日の肉体トレーニングを10週間に渡って行ったエピソードもあります。

インタビュー

彼のあの大きな筋肉にしてあの俊敏さは、紛れもなく本物のアクションスターに相応しい。

⇒こんな感じの他の記事みる?