【生きとし生ける物】最強の握力はどいつだ!?最強の握り潰す力をもつ動物

動物最強は誰だ筋力を知る
動物最強は誰だ筋力を知る

生きとし生ける物よ。あらゆる生命体の握力の頂点を知るのだ。

HUMAN

マグナス・サミュエルソン

最高値:192kg(世界一でギネスブック登録)
(成人男性平均45~50kg)
マグナス・サミュエルソン/Magnus Samuelsson(1969年12月21日スウェーデン出身)さんが記録したもの。アスリート。各国の怪力コンテストでタイトルを総なめにし、人類屈指の力持ちとして知られています。

1998年に最高峰たるワールド・ストロンゲストマンで優勝し、世界中に勇名を轟かせた。本職は農家であるが、現在は俳優として劇や映画にも起用されることがある。

Gorilla

ゴリラの握力

推定400kg~500kg以上。あの巨体を片手だけで木から木へと移動できることから、推定で400kg~500kgはあるのではないかと推測されている。

ゴリラの巨体からは想像できないが、非常に温厚で優しい性格のため、警戒心も強く、握力測定器をきちんと握ってくれないので、測定が難しいらしい。おそらく本気を出せば500kgは余裕で超えてくると思われる。

Bear

森のくまさん

推定150kg。自分を支える以上の握力はあることから150kgと推定されている。

ゴリラほどやすやす移動できるような力はない模様。人間も本気を出せば熊の握力に勝るという事実。衝撃だ。

『俺の握力は熊より上だぜ』そんなセリフ人生で一度言ってみたい。

Macaca fuscata

日本猿

推定30kg。ニホンザルの体重は平均10kg程度なので、それを考えると強力な握力の持ち主らしい。体重の三倍の握力があるため、片手移動も安々だ。

Pan troglodytes

チンパンジー

推定200kg~300kg。ニホンザルを上回る驚異の握力。体重は、重いオスでも60kg程度で、メスは50kgにも満たない。体重から考えても驚異の握力。

激怒したメスのチンパンジーの握力が527kgもあったという噂もある。これが本当ならゴリラに迫る握力だ。チンパンジーは非常に凶暴な動物で、群れで小型のサルを追いかけて食べたりします。

映画「サルの惑星」でも凶暴に描かれていますが、実際にゴリラとは比べ物にならない気性の荒い性格をしています。

Phascolarctos cinereus

コアラの握力

体長70cm±10cmで、体重は4kg~15kg程度のコアラ。木の枝やみきにしっかりつかまるため、強い握力を持っています。一説に握力1tという信じ難い情報もありますがそれはデマです。

せいぜい50kg前後ではと思われます。体重から考えると驚異の握力であることに変わりないです。

quadruped

四足歩行をする動物

四足歩行しかできない動物は、物をつかむのに適さない形状なので、0kgとなります。

次は「最強の噛む力」に迫る!

⇒こんな感じの他の記事みる?

動物最強は誰だ筋力を知る