トップへ戻る
2016/02/03

生物学的に成立しない

恋人か友達か

男女の仲というのは非常に難しいものです。生物学的に成立しないというのは、男女の友情の関係を築けたとしても、最終的に同じ関係を保ち続けるのは非常に困難であるということです。

「男女の友情はない」というと、猛反発されてしまいそうですが、確かに男女の友情はあるでしょう。ですが、男と女の関係というのは厄介で、友達にしか思えない存在でも、一瞬にして異性の対象になるといえます。

「20年来の仲」であろうが、「40年来の友達」であろうが、関係ありません。その時は何気ない瞬間に、何の前触れもなく突然やってきます。それが男と女の関係です。

こじつけのようですが、これは自然沙汰の中でごく当たり前の出来事であり、人が生まれ、そしてまた子孫を残すために、絶対に欠いてはならない男女の発展といえます。

男女の関係

私達は進化の過程で「心」と、「賢い頭脳」を獲得しました。しかし決して超越した存在ではなく、地球に住む他の動物と同じ生き物なのです。

もしも異性の仲に発展が存在しない場合、生物としての本能を理性や意志で完全にコントロールすることが可能になった場合、人はいずれ確実に絶滅します

男女の仲を上手く続けるには

仲の良い友達

どちらか一方にドキッとする瞬間が訪れた時、友情関係はゆっくりと確実に崩壊していきます。表面上では友人関係を続けていても、内心は恋心を燃やし続け、一度ついた炎はそう簡単には消えません。

恋の誘惑

悲惨なのは、耐えきれずその気持ちを告白し、振られてしまい、友人として傍にいるのが辛くなったり、関係がぎくしゃくしたりして、友人としての関係も終わってしまうパターンです。そうならないためにも、異性間では、より慎重に行動しましょう。

距離感

男女の仲で良い関係を築くためのポイントとして、お互いに良い距離感を築くというのがポイントです。相手と自分の関係性や、相手の現状も把握すべきです。

例えば、お互い未婚で、お付き合いしている人もいなくて、二人は頻繁に遊ぶ中だとします。そうなるとおのずと異性としての関係に発展しやすくなり、また過ちを犯す危険性も増えます。

例えば、片方が結婚していて、月に一回皆を交えて遊ぶ。前者とは状況が全然違いますよね。距離感というのは相手と自分の立場を理解し、上手にお付き合いしていくことです。

秘密にしてね

このような距離感を保つ行為、思考、策略は、特に女性が得意とし、男性をある意味では転がすようにコントロールできれば良いかもしれません。

恋心を芽生えてしまった場合

愛おしい

友人の壁をぶち抜いてしまった貴方。このまま友人として接するか、意を決して告白するのか。身近な人への告白の前提として、もしも相手から強い拒絶があった場合、周りの友人関係を含めて悪影響が出る可能性もあります。

告白が成功した場合でも、友人カップルは周りの友人に何かと気を遣わせることになります。もしも、人知れず好きな気持ちを抑えて友人として接してきた友人がいた場合、その友人をひどく傷つけてしまいます。

また、その友人からの報告を受け取ることも難しくなります。しかし、これら全てのリスクを考慮しても告白する気持ちが上回る場合、告白することをお勧めします。

愛の告白

告白すること自体は素晴らしい行為で美しい行動です。人生で告白できる回数は限られています。タイミングを逃すと二度とそのチャンスは巡って来ないかも。告白せず後悔する後悔の念は、一生の後悔になるかもしれません。

愛してるよ

⇒こんな感じの他の記事みる?