トップへ戻る
2017/01/17

恋人と仲良くする方法

付き合ってる彼/彼女と喧嘩しちゃう事が多い…なかなかコミュニケーションが上手く行かない。そんな悩みは絶えないですよね。

ただただ意見をぶつけ合うだけでは、解決しない事が多く、日々のやり取りから見直していければ、2人の世界がガラッと変わる事もあります!

もうあかん、別れようかな…そう思っている方も、まずはこちらを一読して、実践してみてはいかがでしょうか?それで上手くいったら是非ご報告お待ちしておりますww

上手くコミュニケーションを図るコツをご覧ください。

『ありがとう』『ごめんね』を伝え合う

ありがとうごめんねを言い合う

付き合いが長くなるにつれ「感謝」や「謝罪」が照れくさくなったりしてませんか?

小さなことでも「ありがとう」、間違っていたらすぐに「ごめんね」

この一言で、お互いがどれだけ救われるか分かりません。

洗濯/料理/食器洗い、全て女性に任せて、くつろいでいる男性はいませんか?男性の些細な思いやりに気づかず、当たり前のように過している女性はいませんか?

「いつもありがとう」一言伝えるだけで、どれだけハッピーになり、やる気が増すでしょうか。

ぜひ互いに伝え合える環境を作ってください。

「ありがとう」は1日3回が推奨と言われています。まずは3回目標に言ってみましょう。

しかも具体的に「どこが?どうだから?ありがとう!」と言えるようにしましょう。

これは『大切な長続きの秘訣』であり、相手への感謝と礼儀を忘れないための大切な「思いやり」であり「心構え」です。

アサーティブな言い方をする

アサーティブな言い方をする

『アサーティブとは、自分の要求や意見を、相手の権利を侵害することなく、誠実に、率直に、対等に表現することを意味します。【アサーティブジャパンより引用】

「ねぇ、◯◯してよ!」「なんでこうなの!もっとこうしてよ」感情任せに喋ってしまうのが女性の特徴ですが、そこは一呼吸おいて、

ものを頼むときは「◯◯してくれたらとても助かるんだけど、もし良ければ◯◯してもらえないかな?」

忠告するときは「◯◯だとこんな気持ちになっちゃうから、辛いからやめてほしいな」

こんな風に言えたら、良いではないでしょうか。

誰も傷つけない、誰も責めない、でも自分の意見を伝えるのがポイントです。

相手も自分も心地よいコミュニケーションを目指せると良いですね。

それ違うんじゃない?と思ったときの言い方に気をつけてみる

相手を責める前に一呼吸

「え!それ違くない?だって◯◯じゃん!」といった感じでストレートに伝えるのって、相手に取って気持ちがよいと思いますか?

誰だって間違いはあります。誰だって勘違いはあります。

そんな時、いったん受け止める作業をしてみてはどうでしょう。

「そうなんだ、そう思っていたんだね。」「なるほどね、そういうこともあるんだね」

その上で「私/僕は◯◯だと思っていたよ」「◯◯かな〜って思うよ」

そんな伝え方はどうでしょう?

相手も心良く、間違いを見つめられるかもしれません。

もしかしたら「そうだね、間違ってたね、ごめんね」なんて言ってくれるかもしれません。

無理をしない付き合い方

約束を取り決めるカップル

「絶対こうする」と約束を決めているカップルの皆さん、しんどくなる事はありませんか?

2人の決めごと、それは大切なことです。2人の絆でもあります。でもそれを守るために無理していませんか?

それによって圧迫されている事実はありませんか?

自分の好きな事が出来なかったり、友達と遊ぶ時間が取れなかったり、休む時間が取れなかったり…

大切なのは2人の心が元気で、充実している事です。恋愛はその上に成り立つものです。

疲れてしまっている人がいれば、無理をしない付き合い方をもう一度見直してみてはいかがでしょう。

相手の「良いところ」「好きなところ」を伝える

好きな所を褒め合う

会話の中で「好きだよ」だけじゃなくて「◯◯ちゃん/くんの〇〇なところが素敵だと思う」「〇〇なところが好き」

…みなさんは、言えていますか??

自分の事を認めてもらえていると感じると、人は承認欲求が満たされ、大変心地よい感情に包まれます。これはどんな性格の人にも必ず当てはまります。

認めてもらえていると思うと、相手の事も大切にしたいと思いますし、相手の事も認めていこうと考えられるのです。

ですから「あなたは素晴らしい」と伝えることは、とても効果的で大切なことです。これは恋愛以外にも、人と人とのお付き合い、ビジネスシーンでも同様のことがいえますね。

まとめ

いかがでしたか?4つのポイントをあげてみました。ここは自分のダメなところだな〜と思うところがあったら、ぜひ今からでも改善してみてください。

おすすめは「どこが、どうだから、ありがとう」を1日3回伝える事です。

これは恋愛カウンセラーの方もアドバイスするポイントです。

3回は難しい!という方は1回からでもまずは始める事が大切です。

⇒こんな感じの他の記事みる?