【御免】結婚できない人についての特徴を調べてみました!

結婚できない人の特徴とは

結婚したいのか、しないのか…

いわゆる結婚適齢期という時期になっても、あるいは過ぎても、世の中にはたくさんの結婚をしていない人がいます。

結婚適齢期は、男性は大体30代前半、女性は20代のうちには…といった認識があります。男性は30代に突入し、社会的にも、人間的にもちょうど魅力が出てくる年齢です。

女性は、出産もありますし、若いうちに結婚をしておきたいと考えるため、30歳が一つの目安となってきます。

では、結婚適齢期を過ぎても結婚をしていない人たちにとって、「結婚をしたいのにできない」のか、「結婚をあえてしていない」のか、ここが大きなポイントとなってきます。

結婚をあえてしていない人たちは、仕事の都合、人生プランのため、していないということなので、ここでは割愛します。考えなければならないのは、結婚をしたいのにできない人たちのことです。

結婚をしたいのにできない理由は、一体どこにあるのでしょうか。

出会い不足

大人になると出会い不足に

まず、結婚をしたいのにできない人の特徴の一つとして、出会いが圧倒的に不足していることが挙げられます。

たとえば、「いつか白馬の王子さまが迎えに来てくれる」と考えている人や、「運命の人が突然あらわれる」と考えている人は、なかなか意中の異性と出会うことができません。

現実的にもっと、人と出会える環境に身を置く必要があります。チャンスは自分で掴みにいくのです。

しかし、婚活パーティーやコンパに行けばいいかと言うと、そうでもありません。もちろん参加することは間違いではないのですが、今まで異性として見ていなかった友人や、あまり関心がなかった人を、よく観察して、いいところを探すことが大切です。

これは異性に限ったことではありませんが、人のいいところを探すことこそ、その人のことをしっかりと見つめることで、それこそが「出会い」です。

人と会うことが出会いではなく、人と深く関わることで、初めて出会いになるのだと認識しましょう。

異性との接触

異性との接近する大切さ

また、異性と話をするのが苦手、コミュニケーションが取れないという人も、結婚できない人の特徴です。逆に、こちらがコミュニケーションを取っているつもりでも、相手は嫌がっている、苦手がっているかもしれません。

こればかりは、練習するしかありません。話が上手とか、ボディタッチが上手いとか、そういった技術を磨くのではなくて、話下手でも、一生懸命に思いを伝える努力をしたり、悩みを聞いてあげたり、また一言も話さなくても、優しく親切に接する努力を毎日重ねることです。

それがコミュニケーション能力です。

普段から接している人、通勤電車で一緒になる他人に対しても、優しく接することを心掛ければ、いつの日か、コミュニケーションが上手く取れるようになります。

その姿を見ている人にも、魅力が伝わるでしょう。

まとめ

結婚をしたいけどできない人には、容姿云々よりも、これまでに挙げたような内面的な原因がほとんどのようです。

なにも悪いことはしていないのですが、努力をする方向が間違っているのかもしれません。本当に結婚を望むのなら、これまでに挙げたような、日々の努力の積み重ねが大切になってきます。

一見、結婚とは関係のないような精神論も交じっていますが、結婚とは異性と一生を共にする相手と結ばれることです。相手が思う心の綺麗な人でなければ、魅力はありませんし、そんな人と一生を共にしたいとは思えませんよね。

日々、結婚とは関係がなさそうなことでも、一生懸命になることが、結婚への第一歩なのです。

しかし、結婚適齢期をすぎても結婚したいけどできていない人は、もしかすると、「結婚したい」と口では言っているけど、本心は結婚よりも大切なことがあるのかもしれません。

世間に流されずに、自分の意志で、自分のタイミングで結婚すればいいです。結婚よりも大切なことがあるのに、犠牲にする必要はありません。

いつか結婚が何よりも大切になるときが来るその日まで、日々を一生懸命に過ごしてくださいね。

⇒こんな感じの他の記事みる?

ゼクシィ縁結び

結婚できない人の特徴とは