断食をすることで私達の体へ起こる様々な素晴らしい効果

断食 健康 効果 美容 食事 不要

近年、本屋に行ったりテレビを見たりしていると、「断食」「ファスティング」という文字や言葉を目にすることが増えてきました。

断食をすることによって、体にとって素晴らしい効果が現れることが分かってきています。

では、断食をすることで、具体的にどういった体の変化が起こるのか?解説していきたいと思います。

そもそも現代人は食べ過ぎ?

too eat people 現代人は食べすぎ

現代は「飽食の時代」とまで言われており、食べ物がそこら中に溢れています。

私たちは、何の疑問も持たずに「1日3食」を食べていますが、実は食べ過ぎているのです。

あなたは本当にお腹が空いてから食べていますか?

「時間がきたから」「用意してくれたから」「美味しそうだから」という理由だけで食べてはいませんか?

食べ過ぎることは、体の不調の原因になるケースも多いのです。

断食とは具体的にどういうこと?

断食 意味 ダイエット 効果

断食とは「食べ物を体に入れない」ことです。

食を絶つことで内臓を休ませる効果があり、人間が本来持っている自然治癒力を高めてくれます。

食事をすることは、思っている以上に体への負担になっています。消化にはものすごくエネルギーを使うのです。

断食をすることで起こる体の変化

変化 断食 効果 ダイエット

断食をすることで、体には様々な変化が起きます。

  • ダイエットできる
  • アレルギーが改善する
  • 妊娠しやすくなる
  • 免疫力がアップする
  • 若返る
  • 感覚が鋭くなり、食べ物の味に敏感になる
  • デトックス効果がある
  • 脳の働きが良くなり集中力や記憶力が高まる

こんなに体に素晴らしい変化をもたらしてくれる断食ってすごくないですか。こんな効果があるなら、すぐにでも始めてみたい!と思った人もいると思います。

でも、待ってください!

体に良いのがよく分かった断食ですが、初心者がいきなり始めたり、長期間やったり(3日以上)すると、危険なんです。

断食のやり方

断食 方法 やり方 食べ方

今まで普通に3食とっていた方が断食をいきなり行うと「めまい」や「ふらつき」、そして空腹で何事にも集中できないなどが起こることもあります。

少しずつ断食の日数を伸ばしていくことが失敗しないコツなのです。

断食を失敗させないポイント

  • ≪断食の準備期間(2日~3日)≫
    1.普段の食事量を少しずつ減らしていく
  • ≪断食期間(1日~2日)≫
    2.実際に何も食べない
  • ≪復食期間(2日~3日)≫
    3.徐々に普通食に戻していく

この3つのポイントを押さえてやると、失敗しにくいです。

ただし、復食期間は、いきなりガッツリ食べたくなりますが、内臓がびっくりして腹痛を起こしたりしますので、注意が必要です。

重湯などから始め、徐々に固形物にしていくと良いです。

また、断食にも、いろいろな種類があります。

「一日一食」三食のうち一食しか食べない
「週末断食」週末のみ行う断食

「酵素ジュースや野菜ジュース)だけをとる断食
空腹になったらジュースを飲む断食(ただし砂糖たっぷりはNG)
「一日断食」一日固形物を食べず、ノンカロリーの水分のみ
「三日断食」三日何も食べない(水などの水分はあり)
「間欠断食」一日おきに断食を繰り返す(食べる→断食→食べる→断食)

さらに、上級者になれば、長い期間行うことができ、体の変化を実感しやすくなります。自分にあった断食を無理なくトライしてみましょう。

まとめ

断食は慣れるまでは少し苦しいかもしれませんが、慣れてくると体の変化に驚くことばかりです。ぜひ無理をしない程度に断食を始めてみましょう。

適切な断食は、あなたにとって素晴らしい健康・美容効果をもたらしてくれるはずです。それは人生を変えるほどの新しい自分の発見に繋がるかもしれません。

⇒こんな感じの他の記事みる?

断食 健康 効果 美容 食事 不要