【本当は怖い麻酔の副作用】手術などあらゆる医療現場で使われている!

麻酔の副作用は怖い手術

今や医療の現場で当たり前のように使用される『麻酔』。

麻酔のおかげで私たちは安心・安全な治療を受けることができるわけですが、実はこの麻酔には、とても危険な副作用が潜んでいるんです。

手術の後に、吐き気や体調不良で悩まされた経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか?

これは全身麻酔に対する副作用の可能性が大いにあります。それではまず「麻酔とは何なのか」見ていきましょう。

麻酔とは?

麻酔とはどういうものか

手術の痛みやストレスを除く為、薬を使い痛みや身体の反射を抑える方法を「麻酔」と言います。

一番身近なところでいうと歯医者さんで虫歯治療の際に使われますね。

脳や脊髄神経、足先の末端神経まで一時的に神経の働きを抑制する麻酔薬を使用し、手術をしても無意識、無痛、そして身体の反射を起こさないなどの状態を保つものです。

全身麻酔の2つの方法

吸入麻酔法

全身麻酔の種類

注射に怖がる子供や、暴れる患者の場合には、吸い込むだけで麻酔にかかる「吸入麻酔法」が選択されます。

代表的な麻酔ガスには「セボフルラン」や「イソフルラン」があります。

静脈麻酔法

点滴に入れる静脈麻酔法

点滴が受けられる患者には、麻酔薬を点滴に注入すれば数秒で麻酔状態になる「静脈麻酔法」が行われます。

代表的な麻酔薬は「ディプリバン」で、この薬は患者の年齢や体重から、薬の血中濃度を予測して投薬量を決定します。

麻酔の副作用の症状

麻酔の副作用とは

軽度の場合は「喉や声の異常」「頭痛」「吐き気」「めまい」などがあります。

そして長時間同じ姿勢をとり続ける事が原因での「腰痛」です。元々腰が弱かった人は、この麻酔後の寝たきりでさらに腰痛が悪化する可能性もあります。

さらに、目の角膜が乾燥する事による「目の違和感」や、「出血」、水分の蒸発などで体温が低下するため「身体の震え」といった症状もあります。

中度の場合は「歯の損傷」手術器具や抗生物質等に対する「アレルギー反応」などがあります。

重度の場合にあなれば手足に「しびれ」や「麻痺」が起こります。

そして最も重症の場合は麻酔に耐えられず「脳障害」「死亡」というケースもあります。

しかし、麻酔による死亡発症頻度は22万人に1人と極めて少ないリスクです。

それでも100%安全とは言いきれないです。

対処法

麻酔の対処法

自分の意思に反して、薬品によって麻酔状態になるのですから、必ず何らかの副作用が発します。

今の医学では全てが対症療法でしかなく、根本的な治療法がないのが現状です。

あなたの医師の許す範囲で「積極的に動く」「水分をきちんと補充する」「点滴を受ける」「カフェインを取る」「痛み止めを使う」などで自分の身体の治癒力に頼るしかないのが現状です。

まとめ

麻酔によりこれまで述べたような副作用の状態が何週間、何ヶ月どころか、1年以上続く人もいるそうです。

どうしても痛みや吐き気に我慢が出来ない時は、一人で悩まずすぐさま主治医に相談し、後遺症の緩和に心がけましょう。

そうしないと体力が段々失われ、リカバリーするどころか、合併症を引き起こし、手術をした為に重症になると言う場合もあります。

⇒こんな感じの他の記事みる?

麻酔の副作用は怖い手術