老眼になる理由って知ってた?わかりやすく解説!【原因編】

老眼の原因や対策

若い人が「老眼」と聞くと、白髪のおじいさんやおばあさんのイメージが強いものです。

しかし、近年では老眼の症状を感じ始める人の年齢が若年化しているという情報を耳にします。

実は中高年層も増えており、はたまた30代でも症状を訴える人がいるんです。若年化の原因はなぜなのでしょうか?

今回は老眼が進んでしまう原因と共に紐解いていきます。

そもそも老眼ってどういう状態?

そもそも老眼って何なのか

「老眼」という言葉を知らない人はさすがにいないと思いますが、なんとなく「近くが見えない」というイメージを持つ人も多いのではないでしょうか?

もちろんそれも間違いではありませんが、正確には「目のピントを合わす能力が低下している」という状態です。

目の表面には水晶体というゼリー状のものがあります。眼はこの水晶体の厚みを変えることにより、遠くのもの、近くの物がそれぞれ見えるようになっています。

近くを見る時は厚く、遠くを見る時は薄くというように調節してくれいるわけです。

そして水晶体の厚身を調節するため「毛様筋」という筋肉を使います。

この筋肉が発達している状況であれば、メガネや老眼鏡をかけなくても見えますが、他の筋肉と同じように加齢によって毛様筋は衰えていきます。

衰えると厚さを変えることがスムーズにいかなくなり、ピントを合わせられないという症状に繋がります。

また、水晶体自体も年々硬くなるので、厚さの変化の足かせにもなります。

老眼が若年化してきてる理由ってあるの?

老眼が若年化してきている理由

ここまでは加齢による原因をお話ししました。ではなぜ中高年で遠視を訴える人が増えてきたのでしょうか。

今や老眼は高齢者だけの悩みではないのです。それは現代の生活が大きな影響を与えていると言われています。

夜でも部屋の中でも外でも明かりが付いており、目を凝らしてみることもなく筋肉を鍛えることが出来ない。

また、テレビやパソコンなど一点を長く見つめることが多くなってしまうことが大きな原因と言われています。

近くばかり見つめると瞬きの回数も減り、目に負担をかけてしまいます。眼を酷使することで毛様筋は疲弊し、衰えへと繋がっていきます。

遠くを見たり、目をキョロキョロさせて眼球を動かすなど、目は使っていないと視力の低下が進んでしまいます。

体の筋肉でも運動不足が続くとパフォーマンス力が衰えます。やがて目の焦点を合わすのが次第に困難になり、老眼が加速していきます。

最近話題の「スマホ老眼」

今話題のスマホ老眼

冒頭でもお伝えしましたが、最近30代でも老眼の症状が進んでいる人がいます。

自分が「老眼」と感じていなくても、パソコンやスマートフォンを長時間使用した後、ふっと「何時だっけ?」と壁の時計を見ると一瞬文字が読めなかった…などありませんか?

これも軽度のピントが合わせられない症状です。特にスマートフォンは小さい画面を近距離で見ることになるので、危険性が高く、若年層が増えている大きな要因の1つとされています。

近くの物を見るためには水晶体を分厚くさせている状態が続きます。

膨らませ続けた状態が続くと、ふと遠くを見る時にピントが合いずらく、そうして調節力が低下していき、近くが見えずらい「老眼」の状態へ近づいていきます。

仕事中は外にいる間スマホでメールチェック、終わってからはゲームやSNSなど、一日中酷使した目は、特に夕方頃に老眼症状が起こるそうです。

症状をチェックしたい人はどういった流れで自分が目を酷使しているのか注視してみると良いかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか。老眼なんてまだまだ先の話!と高を括っていませんか?

現代の便利な生活がもたらした代償は大きいです。

かといってパソコンやスマートフォンを使わない生活は現代において不便極まりないので、その人その人にあった良い付き合い方を見つけていけるかがポイントとなってきそうです。

⇒老眼【対策編】みる?

⇒こんな感じの他の記事みる?

老眼の原因や対策