原因不明の体調不良や便秘の改善方法?虚弱体質とタフな体を目指す考え方

原因不明の体調不良や虚弱体質を改善

虚弱体質の人、体力がない人、お腹が弱い人、ぽっこりお腹がどうしても治らない人、肌荒れが治らない人、体臭で悩んでいる人、すぐに風邪になる人、冷え性の人、とにかく漠然と体調が悪い人。

ここ何年かで原因が分からず悩みをかかえている人、元々の体質だと思い込んで長年悩んでいる人。

何かしら悩みをかかえている人は多いと思いますが、実はこういった原因不明の悩みは、自分が気付いていない意外な習慣やクセが原因で引き起こさている可能性が極めて高いと考えられます。

たとえば、毎日アイスを食べる習慣があり、早食いの傾向があり、喫煙している人はどうでしょう。胃腸は弱り、太りやすい体質になり、低体温により免疫力は下がります。

これが常となり習慣になっている人は、虚弱体質になりやすく、便秘が改善されなかったり、肌荒れや冷え性の原因になることもあります。

長年の悩みをかかえている人は、自分が習慣化していることの見直しと、健康な人達よりも明らかに不足していると感じる事を補うことが大切です。

そして他人と自分の体の作りは異なっていることを理解しましょう。極端な例を上げれば「アレルギー」です。あなたが大丈夫でも、私はダメというやつです。

体を形成している組織でも同じことがいえます。ロボットで例えれば、奥さんの腸は最新モデルの腸でとくに腸内細菌の善玉菌が強化されたモデル。

旦那の腸は5年前の旧式で、腸内細菌の対策がまだされていない。でも最新モデルよりも頑丈な作りでストレスに強いモデル。

こんな感じで、人それぞれあらゆる組織のスペックは異なります。何が言いたいかというと、多くの人が問題のない習慣でも自分にとっては負担になる可能性があるということです。そしてその逆もまた然りです。

見つめ直すポイントは、今の自分の状況をしっかり理解すること。他の人と同じ対策をすれば必ず改善されるということはありません。

何を改善すれば良いか

悩みを改善する手っ取り早い方法があります。

それは、数日以内に必ず実行している習慣化をストップさせることです。

何が原因で何が発症しているのか?それはお医者さんでもわかりません。

また、食べ物やある行動が体に及ぼす原因も、医学の発展や時代とともに解釈が変わります。

今健康といわれている事柄であっても、数年後には体に重大な悪影響を及ぼしている原因が発見される可能性だってあるわけです。

1つ言えることは、何事もやり過ぎに注意するということ。

たとえば、コーヒーを毎日飲んでいる人。ある人には絶大な効果が発揮されても、あなたにはマイナスに働く可能性だってあります。

健康食といわれる食べ物であっても、体に何らかの悪影響を及ぼす危険性があります。

たとえば、ヨーグルトは腸内環境に良いとされていますが、冷蔵庫で冷えた食べ物は、胃腸に負担をかけ、体温を下げ、免疫力の低下や基礎代謝を下げる可能性があります。

ヨーグルト以外に冷たい物を一切口にしない人の場合、毎日ヨーグルトを食べることによる腸内環境改善の恩恵の方が、冷たい物で胃腸に及ぼす悪影響よりも大きいかもしれません。

しかし、冷たい飲み物や食べ物を頻繁に口にする習慣のある人が、それに追い打ちをかけるように冷たいヨーグルトを食べてしまうと、体の冷えにより拍車がかかり、腸内環境の改善よりも冷たい物を控えた方が、体への良い影響があるでしょう。

こういった自分ではなかなか特定できない体への悪影響が考えられるので、頻繁に口にしている食べ物や飲み物が自分にとってどうのような影響のある物なのか?を改めて見直した方が良いでしょう。

どうしても原因がわからない場合は、今の習慣を反転させてみましょう。もしかしたら状況が激変するかもしれませんよ。

コーヒーを毎日飲んでいる人⇒1ヵ月やめてみる
毎日冷たい物を口にしている人⇒1ヵ月やめてみる
毎日牛乳を飲んでいる人⇒1ヵ月やめてみる
毎日外食をしている人⇒1ヵ月やめてみる
毎日カップラーメンを食べる人⇒1ヵ月やめてみる
朝ご飯を一切食べない人⇒1ヵ月毎日食べてみる
早食いの人⇒1ヵ月ゆっくり食べてみる
運動をしていない人⇒1ヵ月運動をしてみる
煙草を吸っている人⇒1ヵ月禁煙してみる
猫背の人⇒1ヵ月姿勢を正す努力をしてみる
睡眠時間⇒短い人は長く、長い人は短く1ヵ月試みる

⇒こんな感じの他の記事みる?

原因不明の体調不良や虚弱体質を改善