絶対に食べてない方が良い食べ物トップ5!知らずに不健康な生活をしているかも!

体に悪いもの 食べ物 食べてはいけない

美容、健康の事を考えて、そろそろ食事に気をつけなければ・・・

と思ってはいるものの「何に気をつけていいのかわからない」という人も多いのではないでしょうか。

今回は、絶対に食べない方が良い食べ物トップ5をご紹介いたします。

知らない間に食べてしまっているかも?!

第5位「清涼飲料水」

安いには理由があるんです。美容にも健康にもいいところなしの安価で販売されている清涼飲料水。

色々な味もあるし、必ず冷蔵庫に常備している!という人もいるのではないでしょうか?

でもちょっと待ってください。清涼飲料水の中には信じられない量のお砂糖が入っているのをあなたはご存知ですか??

500mlの炭酸飲料には角砂糖10個以上

果汁100%ジュースにも角砂糖12個以上が入っていると言われているほどです。

砂糖は太る、虫歯になるだけでなくカルシウムを大量に消費してしまうので、イライラしやすくなるとも言われており、過剰摂取は避けたいものです。

爽やかなパッケージ、お洒落なボトル、など見た目に騙されないようにしましょう!

第4位「インスタント食品」

インスタントフード

日本のソウルフードと言っても過言ではない大発明食品。

こちらも、非常に安価で、手軽にすぐ食べられるものが多く、病みつきになりやすいので、忙しい人はついつい頼りがちになることもあるかと思います。

しかし、インスタント食品は「食品添加物」が大量に使用されているだけでなく、塩分も非常に高く、高カロリーでありながらも、栄養価は低いという地獄スペック食品です。

塩分の取りすぎは、高血圧や動脈硬化のリスクもあり、出来るだけ避けるべきなのです。

つまりインスタント食品は食べるだけで不健康になれると言っても言い過ぎではないんです。

さて、ここからは…

第3位と2位のご紹介。ここからはなんと日常的に食べると「老化」と「発がんリスク」を高めてしまう可能性があるほどの食べ物です。

第3位「ハム・ソーセージ」

絶対に食べてはいけない物 ソーセージ

ハムやソーセージなどの加工肉は使用されている肉の部位が不明確であり、さらに添加物が大量に使用されています。

本当に恐ろしい加工食品なのです。

特に、ソーセージやハムに使用される、添加物の「硝酸ナトリウム」を過剰に摂取すると『大腸ガンリスクが高まる』とWHOが提唱しています。

加工肉に含まれる「アミノ酸」と「亜硝酸ナトリウム」が合わさることで発がんリスクがUPしてしまうので、日常的に加工肉の摂取をしている人は特に要注意です。

第2位「スナック菓子」

snack お菓子 ポテチ

スナック菓子は、糖質の過剰摂取につながるだけでなく、老化や病気の元となるAGEを増やす食品とされています。

さらに、油で揚げて製造しているものも多く、変性した酸化した脂質も一緒に摂取することになるので、美容にも健康にも避けたい食品です。

第1位「食べるプラスチック!!!マーガリン」

マーガリン 最も体に悪い食べ物

見事第一位に輝いたのは「食べるプラスチック」という異名を持つほどの恐ろしい食品「マーガリン」です。

マーガリンは人工のトランス脂肪酸の塊です。トランス脂肪酸は、善玉コレステロールを減少させ、悪玉コレステロールを増加させるので、心疾患リスクを高めます。

人工的に作られているので、代謝できず体内に蓄積されやすく、海外では、トランス脂肪酸の規制措置や表示が義務付けられています。

自分の身を守れるのは自分だけです。

ぜひ最も辞めるべき食品としておすすめします。

私達の身の回りには、様々なハイリスクのある食品がたくさん存在します。

全てを辞めて、断つことは非常に難しい現代ですが、自分なりにルールを決めるなどし、食べ方を調整することは絶対に必要です。

上手に付き合っていくことができれば、恐れる必要はありません。

このご時勢、自分の体は自分でしか守れないということをよく理解しておいたほうが良いでしょう。

⇒こんな感じの他の記事みる?

体に悪いもの 食べ物 食べてはいけない