まるで救いがない!圧倒的絶望感をあたえてくれる映画3タイトル~悲しみたい人向き

悲しくて絶望だらけの映画おすすめ

休み期間真っ最中、みなさん満喫してますか?

今回はそんな気分を吹っ飛ばす、観た後にちょっと鬱になりそうな映画をご紹介します(笑)

テンションが上がりすぎて頭がいかれちゃった人におすすめな映画特集となっております。ぜひ頭を冷やして下さい。

※鬱傾向にある人はその症状を深刻化させる可能性がありますので、できる限り視聴しないことをおすすめします。

こんな結婚式絶対したくない!『メランコリア』

結婚式絶対にしたくないMelancholia

映画史上でも有名な鬱映画「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のラース・フォン・トリアー監督がまたやってくれました。

美しい映像と破滅的で見ていられない人間関係!!

舞台はデンマーク、惑星「メランコリア」が地球付近に接近し、世界中で地球滅亡の危機が問題視されていました。

主人公ジャスティンは優秀なコピーライターだが重い鬱病を抱えている女性。

同僚と結婚式を挙げることになったが、当日は大遅刻し(あんまり悪気なし?)式の途中でも奇怪な行動をとり続け、結婚式のムードは最悪、ついには新郎との関係まで破綻させてしまいます。

鬱の症状がひどくなり、お金持ちと結婚したしっかり者の姉クレアの家に行くことになったジャスティン。

ジャスティンの症状は少しずつ落ち着いてくるのだが、それにつれて近づいてくる惑星「メランコリア」。

惑星が近づくにつれて、登場人物たちはそれぞれの行動に出る…。

この映画を製作するきっかけともなったのがラース・フォン・トリアー自身のセラピストが「鬱病の人は先に悪いことが起こると常々予想しているので、強いプレッシャー下では他の者より冷静に行動する傾向がある」という言葉。

その言葉通り、主人公ジャスティンはメランコリアに怯える姉夫婦に対して、むしろどんどん澄み切ったような表情になっていきます。

観た後には世界が終わるとき、自分はどう過ごしたいか考えちゃいますね~。

でもこの映画の主題ではない結婚式の部分がとにかく悲惨なのでその印象が強かったです。ジャスティン恐ろしい子です。

そうです、私が変なおじさんです『イノセント・ガーデン』

Stoker イノセント・ガーデン

インディア・ストーカーの父は毎年誕生日に靴をプレゼントしていた。18歳になったインディアのもとに靴ではなく、ひとつの小さな鍵が届く。

その後父は不審な死を遂げた。

残されたインディアと母親だったが、葬式に長年連絡を絶っていた叔父・チャーリーが現れる。

ミステリアスで魅力的なチャーリーに惹かれていくインディア。

しかし彼女の思いがつのるにつれて、周りの人々が姿を消し始める…。

あらすじからもわかる通り、この叔父チャーリーかなり怪しい!主人公インディア18歳と母親(ニコール・キッドマン演じる神経症的だけど、とてもセクシーな未亡人)は危険な三角関係に突入します。

映像はとても静かだけどエロティック。

インディアは美しいけど変わった女の子で、学校でも誰にも心を開くことはありませんでした。

唯一の楽しみといえば、父親とする森での狩りだけ..。

あっさり叔父のチャーリーが犯人なのかと思いきや、まさかのいろいろどんでん返し!

最後にはいろんな意味でため息が出ますww

『マジカルガール』ただ衣装を着て踊りたかっただけなのに…

Magical Girl マジカル・ガール

白血病で余命わずかな少女・アリシアは「魔法少女ユキコ」の大ファン。

夢はアニメの中に出てくるコスチュームを着て踊ることだった。余命わずかな娘の願いをなんとか叶えてやりたい父・ルイスは失業中の身でありながら、高額なコスチュームを買うことを決意する。

しかしやはりそんな余裕はなく、偶然出会った金持ちの人妻・バルバラを脅して金を手に入れることに…

脅したのがただの普通の奥さんだったらよかったのですが、このバルバラ、一癖も二癖もある人物。

アリシアご希望の魔法少女ユキコの衣装は日本円にして90万円相当の品なのですが(アリシアは叶ったらいいなと思うことをノートに書いていて、父・ルイスはそれをこっそり見て願いを知る)

バルバラは夫にばれないように、自分でそのお金を用意します。

1日で90万円稼ぐ仕事…バルバラはいったいどんな風にしてそのお金を用意したのでしょうか。

アリシア、ルイス、バルバラを中心に物語は悲劇的な結末を迎えます。

『マジカルガール』なんて可愛らしいタイトルに騙されて観ると、かなりショックを受けると思いますので心の準備をしておきましょう(笑)

まとめ

いかがでしたか?三本とも絶望感たっぷりですが、映像はとにかく美しいです。

こういう映画を観るときは、なにかほっとできるものを一緒に用意しておくことがおすすめかも。

例えば笑える映画も合わせて借りておくとか、温かい飲み物を用意しておくとか。

絶望度でいうと
マジカルガール>メランコリア>イノセント・ガーデン】です。

たまにはとてつもない暗い映画でも観て、自身の幸せを噛みしめましょう!

⇒こんな感じの他の記事みる?

悲しくて絶望だらけの映画おすすめ