インターステラーは実在理論に基づく最新科学が凝縮された愛の溢れるSF映画だった!

インターステラ―は実在理論に基づく最新科学が忠実に再現されている

U-NEXT

『インターステラー』は「ダークナイト」「インセプション」の監督でも有名な「クリストファー・ノーラン」監督による2014年のSF映画です。

インターステラーは現在の実在理論に基づく最新科学を駆使したSF映画です。

本作の魅力は「実在する最新の宇宙論」に基づいて忠実に描かれているところにあります。

これまでのSF映画は、理論の描写や映像としての再現が「空想世界そのもの」という特徴のものばかりでした。

もちろん本作品も「空想の域」ではありますが、その映像に映されている「空想」は、現在再現できる「リアルに近い空想世界」になっています。

本作の要であるその理論を提唱しているのが、アメリカの理論物理学者である「キップ・ソーン」氏です。彼は天体物理学や重力波時空ワープの権威です。

本作に登場する「ワームホール(時空間トンネル)」や「ブラックホール」は彼の緻密な理論を基に再現された「リアルに近い映像」です。

そして、宇宙を旅する主人公たちに襲い掛かるさまざまなトラブルも、全て理論を基に忠実に描かれています。

監督のこだわりが伝わりまくる、これまでにない宇宙の神秘を再現したのが本作品なのです。

主な出演は「マシュー・マコノヒー」「アン・ハサウェイ」「ジェシカ・チャステイン」「マイケル・ケイン」らです。

本作は人類存亡を賭けた未知の世界へ挑戦する倫理と勇気、信頼と愛、人生という限られた時間を交ぜた物語の構成になっています。

物語の始まり

インターステラ―のはじまり

近い未来、地球規模の異常気象により、人類は滅亡の危機に追いやられていました。元宇宙飛行士クーパー(主人公:マシュー・マコノヒー)は、義父と15歳の息子トム、10歳の娘マーフィー(マーフ)とともにトウモロコシ農場を営んでいます。

ある日クーパーはマーフィーとともに秘密施設にたどり着くことになります。

そこでは、大昔に無くなったNASAが秘密裡に復活し活動を続けていました。

NASAは土星近傍のワームホールを通り抜けて、別の銀河に人類の新天地を求めるプロジェクト「ラザロ計画」を遂行し続けていました。

ワームホールを通過し、すでに3名の先駆者達が新天地として期待できる惑星から信号を送り返しているのです。

インターステラ―

第2の地球となり得る惑星を探すミッションにパイロットとして参加するようクーパーは説得され、帰還できたとしてもそれがいつになのか不明なミッションを前にマーフは激しく反対するのでした…

インターステラ―娘を想う父

はたしてクーパーはミッションをやり遂げて愛する子供達の元へ無事に帰還することができるのでしょうか。

物語の鍵:重力について

重力についてインターステラ―

重力の秘密は、物理学的に完全に解明されていませんが、相対性理論によると、重力は時空を歪ませ、時間の進みを遅らせるとあります。

重力と時間の遅れは、巨大な物体の近くにいるほど、時間の進み方が遅くなるといわれています。重力の存在する惑星上では、重力の無い宇宙空間に比べて時間がゆっくり進むことになります。

物語の鍵:ワームホールについて

最も近い星まで1000年以上

ワームホールとは、「時空のある一点」から「別の離れた一点」を繋ぐ空間領域のことです。イメージはトンネルのような抜け道とされています。

ワームホールを通ると「光よりも速く時空を移動できる」とされています。ワームホールという名前は、リンゴの虫喰い穴に由来するそうです。

リンゴの表面のある一点から裏側に行くには円周の半分を移動する必要がありますが、虫が中を掘り進むと短い距離の移動で済む、というものです。

ワームホール自体は実在すると考えられている

相対性理論により時空はゆがむと分かっています。だとするとワームホールも存在しうるのではないかと考えられています。

しかしワームホールが存在していてもおそらく「原子よりも小さい大きさ」であり、その穴は瞬時に閉じてしまいます。

宇宙船や人が通れる大きさに拡大し、維持するには「負のエネルギーをもつ物質」が必要であるとキップ・ソーン氏は語っています。

また、通過できたとしても、その先がどこへ繋がっているのかは分かりません。宇宙の果てなのか、または別の異次元なのか。

物語の鍵:ブラックホールについて

インターステラ―の鍵ブラックホール

ブラックホールは、「高密度で大質量の天体」です。一部の大きな恒星の死に伴いその姿へと変わっていきます。

ブラックホールになるには「太陽の20倍程度以上の質量が必要」といわれています。星が一生を終えるとき「超新星爆発」を起こすことで、重力崩壊が生まれます。

あまりにも強い重力のために物質だけでなく光さえ脱出することができなくなるのです。

ブラックホールの観測は不可能

ブラックホール自体は光も抜け出せない暗黒そのものなので、肉眼で観測することはできません。ブラックホールの存在は、ブラックホールに落ちる物質が放つ放射や、近傍の天体の運動などの間接的な観測に頼っています。

事象の地平線

ブラックホールの事象の地平線

ブラックホールにある「事象の地平線」とは、飲み込まれて逃げ出せなくなるギリギリの地点。この地点を超えてしまうとブラックホールに飲み込まれ、光でさえ二度と戻ることができないといわれています。

事象の地平線はブラックホール外部からの観測限界地点であり、外部からの観測も内部でのあらゆる通信も不可能になります。

特異点

インターステラ―というsf映画

ブラックホールの中心部には密度や重力が無限大になる重力の特異点があるとされています。時空をも無限にねじ曲げる場所であり、そこにどんな世界が広がっているかは誰も想像することができません。

まとめ

宇宙論がふんだんに盛り込まれている本作ですが、それと同時に「愛の大切さ」「その尊さ」も同時に描かれています。宇宙という気が遠くなるような異次元にいても、大切な人を想い、悲しみ、勇気や行動力を与えてくれる。

この作品を鑑賞して思ったのは、単なるSF映画ではないということ。科学技術の発展、人類の未来、人は何のために生き、そして何のために行動へ移すのか。さまざまなことを考えさせられる作品でした。

率直に感じたことは、誰かを愛したり、大切に想うことが人の大きな原動力になるということです。このようにして私たちの未来も切り開かれていくのかもしれないと感じました。そういう意味でも本当にリアルな映画でした。

とても素敵な作品ですので、SFはあんまりって人にもおすすめです。

⇒こんな感じの他の記事みる?

U-NEXT

インターステラ―は実在理論に基づく最新科学が忠実に再現されている