イタリア人がパスタと認めないボンゴレカップラーメンを食べてみた!

イタリア人が認めないカップヌードルボンゴレ

THE イタリア人に認めてもらえなかったパスタシリーズの新作、『ボンゴレ』が登場しました。本当は「カップヌードル・パスタ スタイル」シリーズです。

なんか私が行ったコンビニには、新登場の表示はあったものの、旧棚に追いやられていましたよ。まさか日本人にも認められてないとか?…さっそく食べてみました。

カップヌードルのボンゴレ

相変わらずかわいいパッケージです。いい仕事してるわ日清さん。パッケージの見た目はとても美味しそうですよ。

パスタスタイルってことで、高さ抑えめで、横デカです。

ボンゴレのカロリーは411カロリー

カロリーは411kcalです。

『アサリのうまみと白ワインの香り立つ風味が特徴のボンゴレソースに、具材はアサリと赤唐辛子のほか、食感のよいキャベツを新たに加えました。』とのことです。

なんでも、イタリア人にこのシリーズを食べてもらった結果、80%以上のイタリア人が「パスタとして認めない」という残念な結果になったそうです。

…まぁ、旨けりゃいいじゃん?(笑)

ボンゴレはまずは湯切り

というわけでさっそく食べていきたいと思います。

まずは、フタを空けまして、中の液体ソースを取り出します。カップヌードルシリーズの中にソースが付いてるのはなんだか違和感を感じます。

中に液体ソースが付いているよ ボンゴレの中身はこんな感じ

中身はこんな感じです。具材は少なめかな。

次に湯を入れて、しっかり5分湯切りします。もっちのろんで私は今回も短めの3分にしました。ひねくれ者なんで..右を向けと言われたら、左を向くような奴ですよ。

そんなことは置いといて、かためが好みでして。いつも思いますが、規定時間おいたら絶対柔らかすぎるもん。麺はちょいかために限るっしょ。

ボンゴレを湯切していく

てことで3分経ったので、湯切りしていきたいと思います。何度もいいますがカップヌードルシリーズに穴が開いているのも違和感を感じます。

ボンゴレを湯切りしました

湯切り完了です。後は付属の液体ソースを入れて、まぜまぜするだけですね。

ボンゴレを混ぜて食べる

はい!混ぜ終りましたよ。見た目完璧パスタじゃん!

食べてみた感想ですが、麺がいい!!パスタだよこれ。歯応えいい!!ラーメンじゃないよこれ。イタリア人よ、これはパスタだ!味も美味いよ。白ワイン風味とか正直わかんない、でもアサリ感?の旨味がよく出てるし、唐辛子がいい感じにアクセントになってますよ。

下手なコンビニのパスタより旨いよこれ。カップ麺でこの歯応えと味が実現できるなんてスゴイですよ。値段考えたら、もう一個食べてもいいと思いました。あと100円高くして量を1.5倍にして欲しいです。

イタリア人よ、君たちの国にこんなクオリティの高いパスタのカップ麺があるのかい?と言ってやりたいですね。すいません、イタリアは大好きです(笑)

これは食べたい!そんなカップ麺です。みんなも食べてねー。これまじで久しぶりにヒットした。

⇒こんな感じの他の記事みる?

イタリア人が認めないカップヌードルボンゴレ