トップへ戻る
2016/12/21

お酒を止めると良い10のこと

お酒が大好きな人は、たくさんいます。毎日のように、たくさんのお酒を飲んでいるという人もおられるかもしれません。

では、その「お酒」を飲まないことで、日常はどのように変わるのでしょうか?

それでは、お酒を飲まなことで日常が豊かになることを10項目を考えていきたいと思います!

1.肝臓病のリスクが減る

肝臓病のリスクを減らす

お酒が肝臓に負担を掛けることは、よく知られていますよね。

日常的に多量のお酒を飲むことで、肝臓へのダメージは大きくなり、回復できなくなることで、肝臓病になる可能性が高まります。

2.糖尿病のリスクが減る

糖尿病のリスクを減らす

お酒には多量の糖質が含まれています。また利尿作用があり、水分が多量に失われるため、血糖値が急上昇します。

この2つの要因から、お酒を多量に摂取すると、糖尿病発症のリスクが高まります。

3.その他様々な病気のリスクが減る

お酒やりません

お酒は、上記の2つ以外にも、急性アルコール中毒を発症することも考えられます。そして、癌になるリスクも高まると言われています。

たとえば、お酒を飲んで、顔が赤くなるのは、体がアルコールを摂取することで起こる拒否反応です。つまりアルコールは、体にとってダメージを与える物質ですので、飲みすぎることで、健康をむしばむものなのです。

4.夜の時間が充実する

お酒を止めると趣味の時間が増える

お酒を飲むときは晩御飯や、晩酌のように、夜の時間帯に飲むことが多いと思います。お酒を多量に飲み、酔っぱらうことで、なにも手につかなくなることはありませんか?

たとえば、読書をするにしても、文字もまともに読めなくなります。車の運転にも制約がつき、とにかく何かに集中しなければならないことは全てに制約がつきます。

お酒を飲まなければ酔っぱらうこともないので、夜の時間を趣味や仕事、好きなことができる時間に使うことができます。

5.料理をおいしく味わえる

料理を美味しく味わえる

お酒は料理の味を引き立てるものですが、本当に合う料理とお酒を選ぶのは、プロでなければなかなか難しいといわれています。

お酒を飲まないことで、お酒と合うか?ということを考えずに、単純に料理の味を噛みしめることができます。

6.質の高い睡眠ができる

お酒を控えて質の高い睡眠を

眠れないからとお酒を飲む人がいますが、実はお酒を飲んで寝ると、質の悪い睡眠になってしまいます。

眠れることは眠れるのですが、疲れがとれないような悪い睡眠です。お酒を飲まずに、心を落ち着かせて自然に眠ることで、質の高い睡眠ができます。

7.ダイエットに役立つ

お酒を控えてダイエットへ繋げる

糖質が多いのはもちろんのこと、お酒には、食欲を沸かせる効果があります。おつまみとしておいしいのは、揚げ物などカロリーが高いものが多く挙げられます。

お酒を飲まなければ、カロリーが低い食事になることで、ダイエットに役立ちます。

8.お茶のおいしさに気付く

お酒をやめることでお茶のおいしさに気付く

食事のときに、お酒を飲んでいた人は、代わりに水やお茶を飲むことになります。お酒ばかり飲んでいてなかなか気付かない、お茶のおいしさを実感するでしょう。

お茶には、健康に役立つ効果がたくさん期待できますので、お茶のおいしさや素晴らしさに気付くことができるはずです。

9.お金が貯まる

お酒を止めるとお金が貯まる

お酒を家で飲む人も、居酒屋など外で飲む人も、お酒にかかるお金はなかなか高いものです。たとえば代わりにウーロン茶にすれば、半額以下になります。

お酒を飲むのが日常的になっている人が、お酒をやめることで、お金は確実に貯まるでしょう。貯まったお金を使って、また他の趣味などに充てることもできます。

10.仕事に影響がでない

お酒を止めれば仕事への悪影響がなくなる

お酒を飲まないということは、二日酔いをしなくなります。翌日の朝から元気に、集中力が高まりますので、翌日の仕事に影響がでません。

翌日が休みだとしても、おもいきり遊ぶことができますね!

まとめ

「酒は百薬の長」という言葉がある通り、飲みすぎなければ健康的にもいいものですし、もちろん味もおいしいです。

お酒をやめなければならないというわけではなく、ほどほどに、けじめをもって楽しく飲むことができれば、日常は豊かになること間違いなしです!

⇒こんな感じの他の記事みる?