トップへ戻る
2016/07/30

圧縮ソフトのおすすめ

ソフトをダウンロードするためには、中には解凍ソフトが入ります。

そして、相手に対してメールに添付をしてファイルを送るときには、なるべく重たくならないように、圧縮ソフトを使います。

最近の傾向としては、圧縮と解凍の両方ができるタイプのフリーソフトがほとんどです。その中でも、今回紹介する『LhaForge』という圧縮解凍ソフトは、一度入れるとPCを買い換える度にお世話になる人もいるほどです。

実は私もそうで、このソフトはとにかく使い勝手が良く、他のソフトには目もくれず、真っ先にこのソフトをいれます。もちろんこうも使い続けるには理由があるわけです。その理由を順番に紹介していきたいと思います。

↓※窓の杜ダウンロード↓
⇒ダウンロードはコチラ

そもそも何故圧縮解凍ソフトがいるのか?

何故圧縮解凍ソフトがいるのだろうか?と疑問に思っている人もいるかもしれません。例えば、フリーソフトを使う場合、インストール用のファイルが圧縮されている可能性が高く、解凍しないと使えない場合があります。

たまに解凍ソフトがなくても、”.exe形式のファイル”だけアップしているところもありますが、まだまだインストール用のexe形式のファイルに圧縮をかけているところもあります。

そして、ビジネスの世界においては、あなたも聞いたことがあるように、ファイルはパスワード付きでの圧縮が必須です。

このようにセキュリティ向上にもつながるので、まだまだ圧縮解凍ソフトの出番が必要な訳です。

理由その1:これさえ入れればソフトの解凍には困らない!

これまでの圧縮解凍ソフトでは、解凍するときに対応していないフォーマットだと解凍できませんでした。

例えば、zip形式とlhz形式しか対応していないAという解凍ソフトがあった場合、7zと形式のものは、解凍できず他のソフトを自分で探す必要が出てきました。

しかし、このLhaForgeは違います。なんと、対応していないものでも、自分で勝手にインストールして解凍してくれるのです。ダウンロードして、解凍できないという事態に遭遇することは、まずありません。

これを入れていたら、海外では圧縮事情が異なる場合があるので、使いたい時にすぐ使えます。

理由その2:設定すれば解凍後の元のファイルは自動で削除される!

LhaForgeの良いところ

これまでのソフトは、解凍すれば元のXXX.zipはそのままファイルに残っていたと思います。ZIPファイルの保存場所まで行って、またいちいち”XXX.zip”と探して、ゴミ箱に移動するのは、面倒だと思います。

しかし、このLhaForgeは違います。設定すれば、なんと解凍後、元のファイルは自動で削除してくれるので、以後いちいちXXX.zipの保存場所に戻って自分でゴミ箱に移動する手間が必要ありません。地味にこの機能は、嬉しいことです。

理由その3:操作も簡単!基本ドラッグアンドドロップで圧縮解凍両方できる!

このLhaForgeはもちろん、他のソフトにもあるように、操作は基本ドラッグアンドドロップで完結します。

圧縮するときはダブルクリック、解凍するときはドラッグアンドドロップでいけるので、初心者にも扱いやすい設定になっています。更に、設定すると右クリックのメニューからも圧縮解凍できるようになります。

デスクトップにアイコンを作るのが面倒な方にはこちらの設定もオススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、圧縮解凍ソフトのLhaForgeを紹介致しました。以前は別のソフトを使っていたのですが、こちらのソフトに乗り換えてからかれこれ数年は、このソフトにお世話になっています。

やはり、どんなソフトでも解凍できるのがこのソフトの魅力だと思います。今まで、解凍できない事態があまりなく、どんなソフトでも使えるから個人的にはとてもお気に入りです。

海外のフリーソフトのお世話にもなっているので、本当に助かっています。あなたもこの圧縮解凍ソフトLhaForgeに乗り換えてはいかがでしょうか?

⇒こんな感じの他の記事みる?