美しすぎる日本刀。外国人もはまるその魅力とは?まずは居合刀を手に入れよう!

美しい日本刀の魅力と歴史

日本のみならず海外からも絶賛される「日本刀」。日本刀の精巧な作り、そしてその切れ味は他の刃物を一切寄せつけない「究極の芸術作品」です。

日本刀とは

日本刀の定義とその歴史

日本刀(にほんとう)は、日本固有の鍛冶製法によって作られた刀類の総称です。

刀剣類は、日本では古墳時代以前から製作されていましたが、一般に日本刀と呼ばれるものは、平安時代末期に出現したものを指します。

それ以降に主流となった「反りがある片刃の刀剣」を日本刀と呼んでいます。

日本刀は寸法の違いで「刀(太刀・打刀)」「脇差(脇指)」「短刀」に分類されています。

著名な日本刀

国宝

【大包平】【妖刀(村正)】【雷切】【一期一振】(豊臣秀吉の愛刀) など。

国宝

【童子切】【三日月宗近】【大典太】(天下五剣)と呼ばれる5つの名刀

重要文化財

【数珠丸】【鬼丸国綱】(天下五剣)と呼ばれる5つの名刀

日本刀は「武器」である以前に、「美術品」としての価値が非常に高い物が多いのです。

しかし残念なことに時代と共に失われてしまった名刀の方が圧倒的に多いといわれています。

名刀は古くから「権威の証」として尊ばれていました。

日本刀は諸外国の刀剣類とは異なり、刀身自体に美術的価値があります。武器である以前にそれだけ精巧な芸術品であるため、それを己の魂そのものと考えた「武士の誇り」にも納得ですね。

日本刀の性能

日本刀の性能とは

日本刀は「折れず」「曲がらず」「よく切れる」といった3つの性質を同時に達成することを究極追求し、作刀工程が発達してきたと考えられています。

日本刀は地球最強の切れ味を誇る刃物です。

日本刀は、和鉄の鋼(はがね)を何回も折り返して鍛錬を加え、「強靭な地がね」を作ることによってもたらされます。

日本刀の所有

日本では「銃刀法」が定められていますが、美術工芸品としての日本刀の所有は認められています。日本刀などの刀剣には「銃砲刀剣類登録証」がもれなく付属しています。

日本刀を所有するには、購入後「所有者変更届」を都道府県文化課に郵送すれば誰でも所有可能となっております。

とはいっても日本刀の本物であるいわゆる「真剣」を手にしている人達は「刀職人」や「刀を専門に取り扱う商売人」、「居合の達人」などの限られてた人達だけです。

もちろんコレクターやマニアの方も所持していますが、ごくごく一部の人達のみということです。

日本刀の職人たち

日本刀は文化庁の「作刀許可」をもらった人しか作れず、全国に300人程度しかいないらしいです。大量に作って刀のクオリティを落とさないように年間24本という制限が設けられています。

なんか日本人の魂と素晴らしいプライドを感じますね。

真剣の前に居合刀

真剣を買う前に居合刀を買う

居合刀とは「模造刀」の一種です。一般的に「居合稽古用の模造刀」のことを指します。居合をする人の中でも高段者の人は多くの場合は真剣を使用しています。

逆に低段者の場合は模造刀(居合刀)や竹刀での稽古が多いようです。

東京や京都の有名な道場でも、低段者は居合刀や竹刀の練習が当たり前です。初心者がどうしても真剣に触ってみたいという場合は、居合の練習というよりも、藁(わら)を斬る「巻き藁斬り」を体験するという形になります。

模造刀の中でも実用目的のものを居合刀といい、鑑賞目的のものを「美術刀」といいます。居合刀にはもちろん刃がありません。

基本的に数万~10万円前後で買える安価な模造刀(居合刀)と真剣は素材が違うので、居合刀を頑張って研いでも真剣のような切れ味は生まれません。

模造刀はメッキである可能性が高く、研ぐとメッキが剥がれます。模造刀としての価値が失われてしまいますので、研ぐのはやめておきましょう。

とはいえ、稽古用の居合刀は誰でも簡単に購入することができ、見た目もかなり精巧なつくりになっています。きちんと居合を前提として作られた模造刀は重量も真剣と変わらない重さなのです。

ということで日本刀に魅力を感じている人は、まずは居合刀を手にしてみましょう。

模造刀といえど、素振りすることを前提で作られているので、普通の安価な模造刀よりも強度もしっかりしています。

「とりあえず家で振り回したい」という人でも、単なる模造刀ではなく、練習可能な居合刀を選ばなければなりません。

数千円程度の模造刀を振り回すと、刃の部分がすぐに折れてしまったり、最悪の場合は折れて吹っ飛び、かなり危険です。

国産高級居合刀 練習用 刀身2.35尺 刀袋付き
模擬と言えども薄刃の物は鋭く、手を切る場合もある。また、ほとんどの場合先端は尖っており、素人でも首・心臓・腹部などを突き刺せば致命傷になる可能性が高い。突き以外でも力任せに斬りつければ金属製であることから、当たり所次第で骨折や最悪の場合命に関わる重傷となる。取り扱いには常に注意が必要である。

刀の取り扱いには十分に注意しましょう。

⇒こんな感じの他の記事みる?

美しい日本刀の魅力と歴史