【ツイッター】Twitterでつぶやいてはいけないこと。犯罪者になりたいの?

ツイッターでつぶやいてはならないこと。犯罪者になりたいの?

昨今、ツイッターのつぶやき機能を利用した犯罪予告や、犯罪をほのめかすようなつぶやきが横行しています。

ツイッターは誰でも簡単に利用できるため、ごく一部の人達が『発信してはいけない内容のつぶやき』を発信し、世間に多大なる迷惑をかけています。

中には「本気で迷惑をかけてやろう」と考えている人もいますが、ほとんどの人が「冗談のつもりだった」という非常に軽率で浅はかな考えの元、行動に移しています。

冗談のつもりでも、それが「世間に迷惑をかけるかもしれない内容」であれば、犯罪と捉えられるケースもあります。

実際に冗談半分で「犯罪予告」「犯罪報告」をした人達が逮捕されています。

また、「自分の中でこれはセーフ」と考え安易にツイートすると、大した内容でなくてもリツイート機能により、想像を遥かに超える拡散となり、逮捕されるケースもあります。

ツイッターは1人でつぶやけますが、1人のためのツールではありません。友達間だけで利用するプライベートなツールでもありません。

日本ならぬ全世界への窓口になっていることを理解しましょう。1つ間違えると、とんでもない大事件へ発展します。

また、安易にリツイートすれば、それに巻き込まれる可能性もあります。

あなたは知らず知らずに何気なくつぶやいていませんか?ツイッターの機能をきちんと理解し、つぶやいてはならないことは、絶対につぶやかないように、そして周りでそのような声を耳にしたら止めてあげてください。

名指しで中傷

名指しで誹謗中傷

ツイッターで「特定の個人」または「社名の名指し」で中傷している人達は無数に存在します。

いじめ目的で個人の名指し、著名人の不祥事ツイートに暴言を浴びせる、逆恨みで特定の団体を威嚇する。

これらの『名指し誹謗』は、全て犯罪へ繋がるケースです。

たとえそれが一個人であっても、有名な団体であっても、著名人であっても関係ありません。

たとえば、あなたがみんなと同じように暴言を吐いたとします。「無数にある中の1つの暴言」に過ぎないかもしれませんが、その暴言がフィーチャーされてしまえば話は変わってきます。

あなたのツイートに賛同した人達がリツイートし、あなたの発信が世間に大きく広まる可能性は決して0%ではありません。

その発信により、受け取る側が名誉毀損だと判断した瞬間に、その発信源が突き止められます。

あなたは何気ない暴言をしたつもりでも、受け取る側が名誉毀損だと判断すれば、訴えられ、逮捕に至る可能性も十分にありえます。

ツイッターはつぶやきをフィーチャーされてしまえば、それがネガティブ発信だった場合、取り返しのつかない大事になります。

つぶやく時はよく考えて、軽率な発信はやめましょう。

つぶやかれた側の気持ちになりましょう。何気ない一言がその人を深く傷付けてしまうかもしれません。

そして自分の人生を潰す結果になるかもしれません。

⇒こんな感じの他の記事みる?

ツイッターでつぶやいてはならないこと。犯罪者になりたいの?