誰でも簡単動画編集ソフト「VideoPad」の使い方をご紹介!初心者でも簡単で分かりやすい

のだめを動画編集してみた

誰でも簡単に動画編集ができるVideoPad動画編集ソフトを使ってみた!全くのド素人が動画編集をはたしてできるのだろうか!?スマホでも動画編集できるアプリがたくさんありますが、どんな優れたアプリでもPC用と比べたら全くお話にならないレベル。

今回は、大好きなのだめカンタービレの千秋先輩が主にのだめをぶっ放すシーンを実際にまとめてみました。TVドラマ全編の半ばくらいまでの内容の一部を繋げてみました。

撮影したものを編集しているので、画質は気にしないで下さい(笑)

まずは、動画編集の基本をみていきたいと思います。

VideoPadは『誰でも簡単にプロ級のビデオ作品が作れる大人気ソフト』をコンセプトに、初心者の方でも始めやすい仕様になっています。MacとWindows対応の動画編集ソフトです。

フリーソフトとは思えない使いやすさが評判で、有償版もありますが、無料でも不自由なく使えます。操作性のしやすさがポイント。

VideoPad動画編集ソフトダウンロードページ

ダウンロード手順も簡単

ビデオパッドで動画編集

step1.『無料ダウンロードをクリック』
step2.『ファイルを保存をクリック』
step3.『ダウンロード完了後フォルダをダブルクリック』
step4.『”この利用規約に同意する”で”同意する”をクリック』
step5.『新規プロジェクトをクリック』

動画ファイルを読み込む

動画編集

編集したい動画を左上にドラック&ドロップ。編集したい動画をまずはクリックで選択します。

動画の長さ調整

動画編集2

動画の下に「赤色の△」と「青色の△」があります。これをクリックしながら左右に自由に動かしてみてください。
左の赤△は動画の始まりで、青色の△は動画の終わりになります。

※「赤色の△」と「青色の△」の上にある数字でより細かく再生位置を変更することができます。クリックすると、数字を編集できるので、変更してみましょう。

上の矢印と連動しているのがわかります。また、動画を一時停止した場所で、それぞれのボタンを押すと、その位置に開始位置や終了位置を自動で移動させることができます。

では一度、調整した後に、説明文字の⇔の下にある「↓ボタン」をクリックしてみましょう。

新しく動画ができあがる

↓ボタンを押すと、新しく右側に動画が出来上がりました。これは先ほどの赤から青までの長さの動画が新たに切り取られた動画です。同じく下の欄にも動画が追加されましたね。

ここまでの動作を繰り返し、動画を追加していくと、下の欄にどんどん動画が追加されます。これが一本の動画となります。

三つの動画を追加編集

とりあえず、三つの動画を選択し、同じように選択してみました。右側の動画の再生ボタンを押すと、新しく生まれた動画達を最初から最後まで再生可能です。他にもボタンを押して動作を確認してみましょう。

次の動画シーンへ送ったり、最後までとばしたりなど、テレビのリモコンと同じような動きをしてくれます。

※ここまでできたら一度、保存してみましょう。「プロジェクトを保存」でこれまでの編集を全て保存できます。動画ソフトはフリーズしやすいので、頻繁に上書き保存することをおススメします。

シーケンスの編集

シーケンスを左右に動かす

では下のシーケンスの編集をしていきます。赤色の縦線で現在位置を移動します。試しに移動してみましょう。

赤色の縦線の位置が右上の動画映像ときちんと連動しているのがわかります。

例えば、現在の赤線の位置のそれ以降の動画を消したい場合や、動画の中身を一部削除したい場合は、「動画の分割」が便利です。

動画を削除または編集したい位置に赤線を移動させます。そこで、右上の動画下にある「カーソル位置で全てのトラックを分割する」をクリックします。

すると、赤色線の右以降の動画が区切られ、新しく右側に動画が追加されます。このような動作を繰り返し、不要な部分を削除したり、動画の一部を中抜きしたりして、うまく組み合わせすることにより、一本の動画を作り上げていきます。

※削除は、クリック選択し、右クリックで「削除」で消せます。
※編集したそれぞれの動画をドラック移動させて好きな位置に変更することも可能です。

動画エフェクトや音声エフセクトの活用

動画と動画のつなぎ目がプツッと切れたりして微妙な場合は、音声エフェクトによる「フェードイン」や「フェードアウト」を活用するとうまく繋がります。

該当動画をクリックした上で、ホームタブ内の「音声エフェクト」の右↓を押して選択します。

切り替えの長さを調整

今回最後に活用した、動画と動画の間を白くフェードする効果は、動画と動画の間にある、「目」のマークをクリックします。自分の好きな効果を押してみましょう。

効果を選んだら、目の下に数字が表れます。そこの数字の長さを調整し、切り替える時間を調整可能です。効果はあまり多様し過ぎないのがポイント。

やりすぎるとチープな動画にみえてしまいます。ワンポイントなどで使用するのが良いかもしれませんよ。

動画編集が完了したら、最後に「動画をエクスポート」をクリック。基本的にはそのまま保存でOKです。

今回、実際に作成した、のだめの動画です。とってもシンプルですが、面白い繋ぎ合せになりました。

⇒こんな感じの他の記事みる?

のだめを動画編集してみた