トップへ戻る
2016/03/20

ソフトバンク光の落とし穴に注意

ソフトバンク光はフレッツ光から転用を行い、契約するインターネットサービスです。ソフトバンク光のホームページには、ソフトバンク光に転用するだけで携帯料金が一生割引と謳われています(2016年3/20現在)。

まずは、ソフトバンク光と契約するといくら必要になるのか確認していきたいと思います。

マンション住まいの人は3800円の月額料金が必要になります。戸建住まいですと、5200円が必要です。そして契約事務手数料3000円(初回のみ)が請求されます。

ここで要注意!実は開通工事費という名目で3240円の請求が初回に来ますが、土日・休日工事費というのも存在し、さらに3240円の上乗せ請求で、合計6480円の初回手数料が発生します。

ほとんどの人はこの土日休日工事に該当しますので重要なところです。はっきりいって高過ぎます!

上記以外にも『開通工事費』が必要です。これに関しては、例えば、新しくマンションに引っ越した先で、ダイレクトにソフトバンク光に申し込んだ際に発生します。

※以前からフレッツ光を利用していて、単純にソフトバンク光に転用(契約変更)したいという場合は無料です。

引っ越した際にソフトバンク光に申し込むと、まずはフレッツの光ファイバーがマンションに導入されているかどうかが問題になります。

マンションに導入されていない場合は2万4千円の屋外工事費が請求されます。例えばeo光しか導入されていないマンションの場合等でも同様に屋外工事が必要になります。

マンションにまでは通っているが、それが各部屋にまで届いているか不明な場合や、何やかんやで結局、立ち会い工事が必要な場合は9600円の工事費が必要になります。中には単純な屋内作業(10分程度)で済んだのに、2万4千円の請求が来たという人もいるようです。

ここで挫折登竜門が3つあります
挫折しそうな三つの試練

1.担当者に電話しても繋がらない
2.担当者に電話しても詳細は教えてくれない
3.契約を進める上で、手続きが面倒くさい

1.ソフトバンク光の担当者へ電話する際に、なかなか繋がらないという問題が発生します。とくに仕事の関係で、平日のお昼を利用した場合、一度も繋がらずに終了ということも何度もあります。

私の場合は苛立ちと対応の悪さに何度も契約を諦めようかと思いましたが、魅力的なプランに期待して何とか繋がるまで根気強く待ちました(一発で繋がる人もいれば、運悪く何日も繋がらない人もいる模様)

2.担当者はソフトバンク光のプランにはもちろん答えてくれますが、引っ越し先での工事に関すること、工事費用がいくら必要になるのか等は一切答えてくれませんし、全く何も把握していない様子です。

担当者へ質問すると、「工事をするのは別の業者へ委託しておりますので、工事の当日にならないと工事費用がいくら必要になるのかはわかりかねます。」と言われます。とにかく確実な値段は当日まで、最後になるまで分からないと言われ続けます。このようなこともあり、既にソフトバンク光に不満を募らせまくっていました。

3.ソフトバンク光は転用させて使うためか、申し込み者が急激に増えたためか、とにかく対応が悪く、契約完了まで不安が続きます。まず引っ越し前提でネット申し込みをした場合は、引っ越し先住所で新規契約をしなければなりません。

インターネットでの申し込みが完了した場合は、契約情報の書類が送付されるのですが、それは新住所への送付となります。事前に申し込んだ場合は、わざわざ電話して送付先を今の住所にお願いしますと電話しなければなりません。

ここで1の問題が発生します。電話に繋がらないんですね。メール対応もないので、かなり面倒でした。

ここからが大きな問題
大きな試練が待ち受ける

ソフトバンク光は期間限定で特別プランが用意されている場合があります。例えば、『今月中の契約で携帯使用料金を1年間毎月割引キャンペーン』があったとします。

でも実際にインターネットの利用開始は引っ越しの関係で翌々月からだとします。この場合、キャンペーンがきちんと適用されないケースもあるようです。

私の場合は、11月に(今月までのキャンペーン)申し込みをして、12月末からインターネットの開始をと事前に電話で話していましたが、結局請求書をみると、キャンペーンは適用されていませんでした。

こちらから電話し、請求が高い旨を伝えると、来月からキャンペーンを適用させていただきますと言われました。手続きと支払期日の関係で、次回分から適用ということになり、結局、2ヶ月分は割引が適用されない通常請求をされました。

この時点で既にソフトバンクへの信頼は無くなりました。もし電話しなかったらずっと割引されないままだったのでしょうか。

さて、ここからが本題。ソフトバンク光とスマホをセットで安くと考えている人は大きな落とし穴があり、ほとんどの人がその穴に落ちてしまいます。
大きな落とし穴

おうち割でまさかの高額請求

おうち割は、自宅のインターネットとセットで iPhone、スマートフォン、ケータイ 、iPad またはタブレットを利用すると、利用料金から2年間毎月500円~最大で2,000円割引されるというプラン(2016年3月現在)。

3年目以降も毎月最大1,008円割引としています。しかし、この割引には大きな落とし穴が。インターネットから申し込む人は誰からも何のアドバイスももらえないので、見落とし率が非常に高いのですが、申し込みページの下の方に小さく、『Yahoo! BB光サービスの場合、光BBユニット、および以下オプションサービス(Wi-Fiマルチパックもしくは無線LANパック、Wi-Fi地デジパック、バリューパックの内いずれかひとつ)へのご加入が必要です』と記載されています。

つまり、おうち割の値引きを享受するには、

1.光BBユニット(レンタル)
2.Wi-Fiマルチパック、ホワイト光電話/光電話(N)+BBフォン/BBフォン

1.2.から2つ以上を契約する必要があります。契約しなければ値引きは適用されません。というか知らなくても自動で契約させられるので、請求が来て初めて気付く人がほとんどです。

上記の加算額はYahoo!BBの基本サービス(スタンダード)324円込みで、1897円請求されます。つまりおうち割にまんまと入ると、1897円上乗せ請求されます。ここでスマホの値引き率を思い出してください。

  • データ定額パック(3Gケータイ)の人は500円値引
  • データ定額パック(標準)の人は1522円値引
  • データ定額パック(大容量)の人は2000円値引

ましですか。OHMYGOD
そう、ほとんどの人がスマホの値引きを上回るオプション料金として請求されます。つまり値引きどころかマイナスなんですよ。これってありなの?て思いますよね。

携帯会社さんがよく使う言葉、『実質』を使わせてもらうならば、おうち割は実質割引0円サービスということになります(笑)

インターネットの金額だけみるとこんな金額に…切ねぇ。不甲斐ない自分が情けない。

切ない請求額

インターネット料金、通常であれば4千円前後で済むのに…

⇒こんな感じの他の記事みる?