電力の歴史と自由化の背景とは?知っておくべき予備知識と会社選びのポイント

電力自由化で知っておくべきこと
電力自由化で知っておくべきこと

2016年4月から始まる電力自由化。これまでは、電気を使用するには、最寄りの電力会社と契約しなければ使用できませんでした。

東京に住む人は東京電力、大阪に住む人は関西電力といった感じです。

まずは、電力会社の地域独占体制の歴史を簡単にみていきます。

日本の電力事業の歴史

日本電力の背景

明治時代に乱立していた電力会社は、大正時代に5社に統合されます。その後、戦時中に電力事業が国家管理となり、日本発送電が発電と送電を支配します。

そして、電力を供給する配電を9社が担うようになりました。それが発送電一体型の地域独占体制の確立です。沖縄電力を加え、現在の10電力体制となったとされます。

しかし、近年の海外における電力自由化の高まりや、なにより原発事故を踏まえて、政府は太陽光発電などの再生可能エネルギーを強化していく方針になります。

太陽光や風力、地熱発電などは、発電量が原発と比べて小さいので、地域分散型の発電が見直されてきました。

電力自由化について

電力の自由化について

電力自由化というのは、発電の自由化電力小売りの自由化送・配電の自由化の3つに分けられます。私たちへの影響は、2016年4月に開始の「電力小売りの自由化」です。

電力自由化でご近所契約の縛りが緩和され、新電力と呼ばれる新規参入の電力会社との契約が可能になるわけです。アラジンでいうジーニーが魔法のランプから解き放たれたイメージですね(笑)自由に好きなパートナーと契約できるわけです。

この魔法のランプからの解放。メリットもたくさんありますが、デメリットもあります。パートナー選びはよーく考えましょう。

自由化によるメリット

  • ①好きな会社と契約できる(自分に合う割引を受けられる)
  • ②今後の契約プランは無限大(未知数)
  • ③価格競争の激化で安く電気を使用できる
多種多様な企業

自由化により全国の多種多様な企業が参入を表目しており、すでに200社をこえる企業の申請が受理され、今後さらに参入する企業も増加していくと思われます。

新規参入の会社には、通信会社や旅行会社など異業種の企業も含まれており、契約プランの種類や料金が気になるところです。

電気代自由化での料金

今後の契約プランの無限大というのは、あまりにも多くの企業が参入してきているため、その料金体系もさまざまです。

例えば、携帯電話も電気の使用も同じ企業と契約するとセット割がされたり、旅行会社でしたら、マイレージや旅費の割引、サービス業ではポイント付与なども多く挙げられると思います。

契約は様子見で見送りが90%越え

どこと契約すればお得か

アンケート調査によると、9割以上の人が電力自由化による契約会社の変更は、しばらく様子を見ると考えている模様。そのほとんどの人達が電力自由化により、どう動いたら良いのかわからないと回答。

それもその筈で、まだまだ情報が世の中に浸透しておらず、すぐさま行動に移そうと考えている人は非常に少ないのが現状です。
自由化は始まったばかりなので、契約プランや割引方法など、まだまだ市場は安定していないのが現状。

どこの企業も無難な割引や契約プランを用意し、他の企業の動向と、今後の市場の変化を窺う姿勢です。

ではいつ契約を見直せばよ良いのか

自由化での契約変更の注意

ミーハーな人も乗り遅れるなんて思わないでください。慌てて契約すると大失敗する恐れがあるのも電力自由化のデメリットの一つです。

自由化ということは、契約に関する責任も、各々個人で背負わなければならないと考えてください。例えば、セット割などのとても魅力のある契約プランがあったとしても、その裏には、契約違反によるデメリットの発生もあると今後は視野に入れておきましょう。

例えば、携帯電話やインターネット契約では、特定の条件下でこのような規定が設けられています。サービス契約期間に定めがあり、その契約期間内に契約解除をすると、違約金が発生するというシステムです。

違約金は優待サービスに対する対価だと考えれば仕方ないかもしれません。特別割引を受けられる対価として、企業側は顧客流出を防ぐための契約期間の定めという縛りを求めざるを得ないのも、ビジネス上仕方ないことです。

このようにうまい話には裏があると高を括って、飛び付き契約は控え、しっかり見定めましょう。

電気は大切に使いましょう

⇒こんな感じの他の記事みる?

電力自由化で知っておくべきこと