仮想通貨「TokenPay ( TPAY )」は匿名・DEX・取引所・銀行コラボと盛りだくさん

token pay

「TokenPay(TPAY)」は、ビットコインをもとに作られており、匿名性と安全性を兼ね備えた独自の最先端ブロックチェーンプラットフォームです。

そのプラットフォーム上の通貨の名前が「TPAY」。

前回の記事でバンクエラを紹介しましたが、トークンペイも法定通貨と仮想通貨を組み合わせた次世代銀行となる可能性があります。

  • 銀行の完全取得もしくはパートナーシップ
  • デビットカードの発行
  • 独自の取引所

などバンクエラとロードマップが似通っています。

しかし、個人的にはTokenPayのほうがバンクエラよりも先を行っていると考えます。

  • ドイツ銀行と提携している
  • バージとの戦略的パートナーシップを結んでいる
  • 2018年7月、ライトコイン財団とトークンペイ社の戦略的パートナーシップが結ばれた
  • 上場している取引所の数が多い

という点などが、TokenPayのほうがバンクエラよりも先を行っていると考える理由です。

ドイツ銀行との契約を結んだ、一気に4つの取引所へ上場した、ライトコインと提携したと立て続けに良いニュースが続いたので、価格が暴騰しました。

現在価格が落ちていますが、一気に価値が上がったことの反動・調整であると予想します。今後まだまだ価格が伸びる余地が残されているのではないでしょうか。

eFIN分散型取引所とは?トークンペイ保有者はトークンがもらえる予定

eFIN分散型取引所とは、トークンペイ社が独自に開発を進めているDEXのことです。

eFIN分散型取引所で使われる予定のeFINトークンが、TPAYホルダーに配布されることも発表されました。

詳細はまだ明らかになっていませんが、バイナンスにおけるバイナンストークン(BNB)のようなものなのかもしれません。

どうやらTPAYを取引所に置いていてはダメで、専用のウォレットに送ってステーキングをしている人が無料配布の対象となるそうです。

eFIN分散型取引所とeFINトークンのローンチは2018年第4四半期になる予定です。

匿名性もかなり高い仮想通貨

仮想通貨TokenPayは匿名性も最高レベルです。ホワイトペーパーを見ると、

  • 二重鍵のステルスアドレス
  • リングシグネチャ機能
  • ゼロ知識証明

これらの技術が実装されていると記載されています。

リングシグネチャ機能といえば仮想通貨「Monero」や「Bytecoin」に使われている技術です。

さらに、ゼロ知識証明といえば「Zcash」で使われている技術。

「Monero」と「Zcash」が持つ匿名性を組み合わせていると考えると本当に最高レベルと言えそうです。

このように、仮想通貨TokenPayはかなり期待できる要素が満載ですが、大切なのはプロジェクトの成功です。

成功するのかどうか、価値がいくらになるかは結果が出てみないとわからない問題なので、リスクについての理解も大切です。

⇒こんな感じの他の記事みる?

token pay