匿名性がトップクラスに高い仮想通貨「Zcash」の特徴と将来性!

z cash 秘匿 仮想通貨 将来性 価格予想 2018年

Zcashの特徴を改めて確認!「Zcash (ZEC)」はとにかく匿名性の高さがうりの仮想通貨。

ビットコインを基にしていることから、ビットコインと特徴は似ています。

  • 最大発行枚数2100万枚
  • ブロックサイズ2MB
  • ブロック承認時間150秒
  • 2016年10月28日公開

Zcashは、ブロックサイズが2MBになっていて時間あたりに処理できる取引量が増えている点、ビットコインよりも4倍速い点など、ビットコインよりもグレードアップしていると言えます。

なにより最大の特徴は「ゼロ知識証明」という技術を使って、匿名性がとても高くなっているということになるでしょう。

ダッシュやモネロも匿名性が高いですが、送った量やアドレスはわかってしまいます。

Zcashでは送った量やアドレスまでも匿名なので、匿名性ではトップクラスです。

ほぼ完全に取引の履歴を追えなくなるので、犯罪に使われてしまうということが不安点です。

この点は今後うまく法規制をすることでクリアしてもらえると期待したいところです。

現時点での時価総額ランキングは22位です。

Zcashの問題点と将来性

zcash ジーキャッシュ 将来性 2018年 価格予想

Zcashは匿名性の高さがうりですが、逆に言えばそれ以外の部分ではそれほど強くないのが印象。

プライバシーコインとしては前述したダッシュやモネロの方が有名で、それ以外にも上がってきている銘柄もあります。

例えば「Verge」や「Bytecoin」など。イーサリアムも「zk-SNARKプロトコル」を実装する予定があり、それが実現すればZcashと同レベルの匿名性の高さを手に入れることになります。

このようにライバルがとても多いので、匿名性の高さという点でZcashを上回る仮想通貨が登場してしまうと需要が失われてしまう可能性すらあります。

最近のニュースとして、アメリカの取引所GeminiでZcash取り扱いの許可が下りたということが話題となりました。

Geminiはそれほど知名度が高くはない取引所ですが「ニューヨーク州の金融サービス局から許可が下りた」という点は、とても注目すべき進捗です。

日本でも金融庁の許可が下りなければ新しい仮想通貨を上場することはできません。

ニューヨーク州は仮想通貨に対してそれなりに厳しい規制をしているそうです。

Zcashは第二のビットコインになる可能性があると言われており、今後まだまだ伸びると予想されています。

投資する仮想通貨で迷っている人は、資産の一部をZcashに投資してみるのも面白いかもしれません。

⇒こんな感じの他の記事みる?

⇒高騰前の仮想通貨が買える『CoinExchange』

coinexchange reviews-tower.jp

■コインエクスチェンジ(COINEXCHANGE)とは?

「草コインの草コインによる草コインのための取引所」と呼ばれるほど数百ものゴミコインが名を連ねる海外の取引所です(良い意味で)

正に「草コインの終着駅」。

ただし!ゴミの中にとんでもない宝石が眠っているのも事実!

コインエクスチェンジでは、0.001円前後の名もなきコインの取り扱いが多数あるのが特徴。

運とセンスががよければ「元手千円で億り人」も可能になる夢の大牧場です。

海外の取引所なのに、本人確認が不要で、しっかり2段階認証も採用されいるのが安心です。

最短登録わずか5分程度で取引の開始が可能!

↓登録規制のない今がチャンス↓

⇒ CoinExchange公式ページ

z cash 秘匿 仮想通貨 将来性 価格予想 2018年