NEMは2018年に上昇するのか?カタパルトについて

nem 仮想通貨 流出 ハッキング

ハッキング事件がまだまだ記憶に新しいNEMですが、改めておさらいと、今後の注目すべきポイントをご紹介していきます!

NEMの特徴やチャート

NEM (XEM)は元々「New Economy Movement」の頭文字をとった略語でしたが、現在ではネムが固有名詞となっています。

現在の価格は「0.327USD(約36円)」程度で、時価総額ランキング14位です。

2018年1月には価格が200円に達していましたので、現在は最高値の6分の1程度ということになります。

ネムといえば2018年1月27日に起きたコインチェック事件で盗難に遭った仮想通貨ですよね。

その後の調査によって、ハッキングに遭った主な原因はコインチェックにあるということがわかりました。

ネムという仮想通貨はセキュリティ面で非常に優れおり、ネム側に落ち度はありません。

しかし、コインチェック事件によってネムに対してマイナスイメージを持っている人もいるので、価格が落ちている今は買い時と言えるのではないでしょうか。

ネムの特徴まとめ

  • 送金速度が速い
  • PoIというアルゴリズム採用(ビットコインはPoW)
  • ハーベスティング
  • スーパーノード
  • テックビューロ社が開発を行っている
  • mijinにネムの技術が使われている

2018年に実装予定のカタパルトとは?

カタパルト nem 仮想通貨

ネムは2018年に「カタパルト」という機能を実装予定です。

カタパルトとは航空母艦から航空機を射出するときに使われる機械のことです。

ネムのカタパルトはその意味から来ており、ネムを高速で発射できるようになる大型アップデートのことを指しています。

ビットコインのトランザクション処理速度は「1秒間に14件」程度ですが、カタパルト実装後のネムは「1秒間に4000件」というスピードになります。

これはVISAカードの処理速度と同じレベルであり、世界最速クラスです。

さらに、セキュリティ面など全体的にパフォーマンスが向上するようです。

「カタパルトが実装されたら必ずネムの価格が上がるか?」どうかはわかりませんが、価格が落ちている今は買い時であると個人的には思いますし、将来性のあるアップデートを控えた今、機会損失にならないようにしていきましょう。

カタパルトの実装は「2018年中」とだけ公表されていて、詳細な日時はまだ不明です。

具体的な日時の発表を楽しみに待ちましょう!

⇒こんな感じの他の記事みる?

⇒高騰前の仮想通貨が買える『CoinExchange』

coinexchange reviews-tower.jp

■コインエクスチェンジ(COINEXCHANGE)とは?

「草コインの草コインによる草コインのための取引所」と呼ばれるほど数百ものゴミコインが名を連ねる海外の取引所です(良い意味で)

正に「草コインの終着駅」。

ただし!ゴミの中にとんでもない宝石が眠っているのも事実!

コインエクスチェンジでは、0.001円前後の名もなきコインの取り扱いが多数あるのが特徴。

運とセンスががよければ「元手千円で億り人」も可能になる夢の大牧場です。

海外の取引所なのに、本人確認が不要で、しっかり2段階認証も採用されいるのが安心です。

最短登録わずか5分程度で取引の開始が可能!

↓登録規制のない今がチャンス↓

⇒ CoinExchange公式ページ

nem 仮想通貨 流出 ハッキング