仮想通貨で億万長者!【IOTA (MIOTA)】の特徴や将来性を検証!

IOTA (MIOTA) 仮想通貨

DAGとは?ブロックチェーンとの違い

IOTAはアイオータコインと呼ばれています。アイオータの特徴は、ブロックチェーンではなくDAGが使われていることです。

DAGは日本語で有向非循環グラフと呼ぶことがあります。ここではDAGとブロックチェーンとの違いを簡単に紹介します。

ビットコインなどのほとんどの仮想通貨ではブロックチェーン技術が使われています。

ブロックチェーンではブロックが一直線上につながっており、分岐がありません。

一方のDAGは取引データ同士が網状につながっています。

ブロックチェーンではなくDAGが採用された仮想通貨のことをDAG通貨と呼び、IOTAのほかNANOやByteBallなどもDAG通貨です。

DAGとひとくちに言ってもIOTAで使われている技術とNANOで使われている技術は異なるようです。

IOTAではTangleという独自の技術が使われています。

Tangle=DAGではなく、TangleはDAGを応用した技術となるようです。

DAGではマイナーが存在しないためトランザクション手数料は無料です。

ブロックチェーンではマイナーが取引を承認していきますが、DAGでは送金者が過去の取引を承認していきます。

特徴をまとめると、

・マイニングが存在しない
・取引手数料が無料
・承認スピードが速い
・改ざんが行われにくい
・スケーラビリティ問題を解決

となります。

IOTA (MIOTA)の将来性

IOTA (MIOTA)

現在、IOTA (MIOTA)は時価総額ランキングが9位です。NANOが26位、ByteBallが111位なのでDAG通貨の中では最も将来性を期待されていると言えます。

IOTAは「モノのインターネット(IoT)の時代」を1つのテーマに掲げています。

自動車、洗濯機、掃除機などさまざまなモノがインターネットにつながる時代がやってくるようです。

IOTAがもつ高い安全性、取引手数料ゼロ、承認スピードが速いといった特徴はIoT機器との連携に相性が良いです。

1つ懸念点をあげるなら、ブロックチェーンに比べるとDAG技術はまだ歴史が浅いということです。

実験が十分に行われておらず、実用化にはまだ不安が残るという状態。

IOTAを取り扱っている取引所は、
・Bitfinex
・Binance
・OKEx
・HitBTC
などが代表的です。

■ビットフライヤーとは?

CMでもおなじみの「登録者数」「取引量数」「資本金」など日本No1の最も信頼できる取引所の1つ。

少し手数料が高い!というう声も挙がりますが、セキュリティやアプリの使いやすさ、アフターフォローなど、

どれをとっても素晴らしい取引所です。

仮想通貨を持つ人は、利用する・しないに関らず、必ず登録しておいたほうがいい取引所ではないでしょうか。

今後、世界のここでしか取り扱わない仮想通貨が上場する可能性もあります。

かつて長らく唯一の取扱いであった「MONAコイン」がそうであったように、優位性のある重要な取引所です。

そして取引所はパンクしそうになると、新規登録の中止を実施する可能性が非常に高いので、

新規上場ニュースを機に登録タイミングでは手遅れになる可能性もあります

↓登録制限のない今がチャンス↓

⇒ ビットフライヤー公式ページ

⇒こんな感じの他の記事みる?

IOTA (MIOTA) 仮想通貨