新仮想通貨 Bitcoin Private (BTCP)の特徴や将来性とは?

Bitcoin Private 仮想通貨

「Bitcoin Private (BTCP)」は、日本語でビットコインプライベートと読みます。

2018年2月28日に「Bitcoin」と「Zclassic(ZCL)」からハードフォークをして誕生した仮想通貨です。

Bitcoin Privateの特徴を5つあげてみます。

・総発行枚数 2,100万枚
・アルゴリズム PoW
・ブロックサイズ 2MB
・ブロック生成間隔 2分30秒
・Zcashと同じゼロ知識証明技術を使っている

総発行枚数が2,100万枚という点に疑問を感じる人もいるかもしれません。

BitcoinもZCLも総発行枚数が2,100万枚なのに、両者から1対1で分裂した仮想通貨は4,200万枚になるのでは?と思う人もいるのではないでしょうか。

ビットコインは総発行枚数のうち、まだ1,680万枚くらいしか発行されていません。

Zclassicに関しては360万枚くらいです。

Bitcoin Privateの現在の発行枚数が20,403,830 BTCPなので、だいたい計算が合うということになります。

Bitcoin Privateには「ゼロ知識証明」という匿名化技術が使われています。

ゼロ知識証明で有名なのはZcashです。

「だれから」「だれに」「いくらの金額が送られた」という3点がすべて秘匿されていて、完全な匿名性を持っています。

匿名性の高さという部分ではモネロやDASHよりも優秀です。

ブロック生成間隔が2分30秒なので、ビットコインやZcashよりも4倍送金が速いです。

Bitcoin Privateに将来性はあるか?

Bitcoin Private BTCP 将来性 仮想通貨

Bitcoin Privateは誕生して間もないですが、Twitterのフォロワーが4万人を超えているなど、すでにコミュニティがかなり大きくなっています。

公式サイトを見ると「20人以上のエンジニア」「50人以上のチームメンバー」などと書かれているので、運営チームも充実しています。

Zclassicのチームやコミュニティが引き継がれていることが主な理由です。

現在、Bitcoin Privateを購入できる取引所は…
・Trade Satoshi
・Nanex
・Octaex
・Exrates
などとなります。公式TwitterにはBinanceへの上場をほのめかすツイートが公開されていたようです。

Bitcoin Privateは簡単に言うならZclassicとビットコインを合体させたようなコイン。

Bitcoin Privateの時価総額ランキングは現在26位です。

Zclassicの先輩にあたるZcashが24位なので、現在はやや過大評価されているのではないかと考えます。

リスクについても理解をした上で投資をしていきましょう!

⇒こんな感じの他の記事みる?

Bitcoin Private 仮想通貨