2018年ダークホースの仮想通貨の1つ!Bytecoinに注目すべし!

Bytecoin 仮想通亜 coin

Bytecoinは最も歴史があるプライバシーコイン

Bytecoin 歴史 coin 仮想通貨

匿名性の高い仮想通貨のことを「プライバシーコイン」と呼ぶことがありますが、ここでもその呼び方をすることにします。

Bytecoinは2012年7月に誕生しています。世界初の仮想通貨であるビットコインが2009年、2番目のライトコインが2011年なのでかなり初期に誕生していたことがわかります。

Bytecoinは「CryptoNote」というアルゴリズムを採用しています。

CryptoNoteの理解は難しいですが「リング署名」と「ワンタイムキー」の2つのキーワードについては知っておきましょう。

この2つの技術によって送信者と受信者の情報をわからなくしています。

ビットコインでは「誰から誰に、どれだけのビットコインが送金された」という情報が公開されています。

Bytecoinは「誰から誰に」という部分をわからなくしています。

プライバシーコインとしては「Monero」や「Dash」が有名ですが、Bytecoinはそれらよりも先に誕生しています。

最も歴史があるプライバシーコインなんです。

2018年にチャートが急上昇した理由

Bytecoin 急上昇 2018 仮想通貨

プライバシーコインとして代表的なMoneroは実はBytecoinを元にして作られており、同じCryptoNoteというアルゴリズムが採用されています。

しかし後続のMoneroのほうが時価総額ランキングは上位に来ていました。

この理由として、Bytecoinの開発があまり活発ではなかったということがあげられます。

ところが、2018年になってから再び息を吹き返してきました。運営チームが比較的活発に宣伝をしているので、なにか理由があるのかもしれません。

Moneroよりも歴史がある仮想通貨なので、今後の展開次第では大逆転もありえます。

Bytecoinの取引量が多い取引所はHitBTCとPoloniexです。

Moneroに比べるとはるかに取り扱っている取引所は少ないですが、にもかかわらず現時点で時価総額ランキング32位と検討しています。

今後BittrexやBinanceに上場されることになったらさらなる上昇が期待できます。

ポテンシャルはかなり高いと思われるので、2018年に要注目の仮想通貨のうちの1つですよ。

⇒こんな感じの他の記事みる?

Bytecoin 仮想通亜 coin