いきなり時価総額ランキング36位に入ってきた「Bitcoin Diamond」とは?!

Bitcoin Diamond 仮想通貨

今回は、飛び級でいきなり時価総額ランキング上位に入ってきた「Bitcoin Diamond」についてご紹介します!

ビットコインからハードフォークした仮想通貨

ビットコイン ダイヤモンド

Bitcoin Diamond(以降BD)は、2017年11月24日にビットコインからハードフォークし、誕生した仮想通貨です。

BDの特徴を簡単にご紹介します。

・最大発行枚数 2億1,000万枚
・ブロック生成間隔 10分
・ブロックサイズ 8MB
・SegWit

ビットコインの最大発行枚数は2,100万枚なので、BDはその10倍です。

大量に発行されているので、少額決済に利用しやすいのではないでしょうか。

ブロックサイズはビットコインキャッシュと同じで8MBです。さらにSegWitを導入しています。

BDの最大の特徴は、プライバシー機能がついているというところでしょう。

8月に分裂したビットコインキャッシュ、10月に分裂したビットコインゴールドにはプライバシー機能はついていません。

この点でオリジナリティがあると言えると思います。

Bitcoin Diamondを購入するときは慎重に

Bitcoin Diamond 仮想通貨

BDにはプライバシー機能がついているとはいえ、プライバシーコインとしては「Monero」「Dash」「Zcash」などがすでにあります。

他にも「Verge」や「Zcoin」などライバルは多いです。

また、誕生して間もない仮想通貨なのにランキング36位に入っているというところにも注意が必要です。

ビットコインから分裂したため、仮想通貨としての「中身」よりも「知名度の高さ」が先行しており、仮想通貨としての真価が必ずしも時価総額に反映されているとは言い切れません。

BDはまだまだ謎の多い仮想通貨といわざるをえません。

現在公開されている情報だけの情報を見ると、やはり時価総額に対して相応に期待できるポイントは見つからないようにも思えます。

単純に「プライバシーコイン」を注目されている人は、「Monero」「Dash」「Zcash」「Verge」のほうがおすすめです。

これらのほうが歴史もあり、秘匿コインとして既に注目されています。

■コインエクスチェンジ(COINEXCHANGE)とは?

「草コインの草コインによる草コインのための取引所」と呼ばれるほど数百ものゴミコインが名を連ねる海外の取引所です(良い意味で)

正に「草コインの終着駅」。

ただし!ゴミの中にとんでもない宝石が眠っているのも事実!

コインエクスチェンジでは、0.001円前後の名もなきコインの取り扱いが多数あるのが特徴。

運とセンスががよければ「元手千円で億り人」も可能になる夢の大牧場です。

海外の取引所なのに、本人確認が不要で、しっかり2段階認証も採用されいるのが安心です。

最短登録わずか5分程度で取引の開始が可能!

↓登録規制のない今がチャンス↓

⇒ CoinExchange公式ページ

⇒こんな感じの他の記事みる?

Bitcoin Diamond 仮想通貨