誰でも簡単に独自トークン発行?リースで報酬がもらえる「Waves (WAVES)」について紹介!

Waves WAVES 仮想通貨

仮想通貨「Waves」では、独自トークンの発行が簡単に行えることをご存知ですか?

トークンの発行ができる仮想通貨として最も有名なのはイーサリアムです。

しかし、イーサリアムとWavesでは目指しているところが違います。Wavesでは主にICO向けのトークンの発行が行えます。

個人でも企業でもWaves上でトークンを発行することで、資金調達が簡単に行えるということです。

Waves上で行われた代表的なICOとしては「MobileGO」「ZrCoin」などがあります。

現在のところイーサリアムのように高度な機能をつけることはできないものの、安価で手軽にだれでもトークンを発行できるという長所も持っています。

Wavesのウォレットはオールインワン

Waves WAVES 仮想通貨 coin

Wavesの大きな特徴として、ウォレットがオールインワンということがあります。

  • 仮想通貨の保管ができる
  • 送金・受け取りができる
  • リース機能がついている
  • DEX(分散型取引所)がついている

今回はこの中でも特に「リース機能」について詳しくご紹介します!

リース機能の特徴やメリット

Waves lease 仮想通貨

Wavesでは「LPoS」というアルゴリズムが採用されています。

LPoSは簡単に説明すると、通常のPoSの仕組みにリースの機能がついたものと考えておけばよいです。

マイニングプールのアドレスにWavesを貸出しすることで、リース金額に応じてマイニング報酬とさまざまなトークンをもらえるという仕組みです。

Wavesにおけるマイニングは、正確に言うとリーシングと言います。

マイニングプールとしては「WavesGo」が有名です。初心者の人はどこにリースするか迷ったら「WavesGo」にしておけばよいでしょう。

このリース機能の最大のメリットは、ウォレットに入れてリースをするだけで報酬がもらえるというところにあります。

通常のPoSではウォレットを常に起動していなければ報酬はもらえません。基本的にパソコンはずっとつけっぱなしになります。

夜寝る時もパソコンが起動しているので、ワンルームに住んでいる人などは常に「ウィーン」という音が鳴っている状況で寝なければなりません。

その上、ただのスリープ状態ではないので、電気代も気になります。

Wavesの場合にはウォレットに入れてリース先に貸し出しをしておくだけで報酬が自動的に入ってきますので、ほぼ完全な不労所得です。

現在、日本の取引所ではWavesの取り扱いがありません。

逆に言えばまだジャパニーズマネーはそれほど入っていないということでもあり、今後の更なる価値上昇が期待できます。

現在、Wavesか買える最もおすすめの取引所は⇒BITTREXです。

■コインエクスチェンジ(COINEXCHANGE)とは?

「草コインの草コインによる草コインのための取引所」と呼ばれるほど数百ものゴミコインが名を連ねる海外の取引所です(良い意味で)

正に「草コインの終着駅」。

ただし!ゴミの中にとんでもない宝石が眠っているのも事実!

コインエクスチェンジでは、0.001円前後の名もなきコインの取り扱いが多数あるのが特徴。

運とセンスががよければ「元手千円で億り人」も可能になる夢の大牧場です。

海外の取引所なのに、本人確認が不要で、しっかり2段階認証も採用されいるのが安心です。

最短登録わずか5分程度で取引の開始が可能!

↓登録規制のない今がチャンス↓

⇒ CoinExchange公式ページ

⇒こんな感じの他の記事みる?

Waves WAVES 仮想通貨