Cardano (ADA)は第三世代の仮想通貨!その特徴や期待度とは?

ADA CARDANO coin 仮想通貨

「Cardano (ADA)」はなぜこんなにも人気なのか?2017年10月に発行されたばかりの仮想通貨であるにもかかわらず、現在時価総額ランキング7位についている人気の仮想通貨。

ビットコインはいわずと知れたトップの仮想通貨ですが、2009年に発行されており、最も歴史が深い。

ビットコインはダントツで歴史があり、知名度や技術面でも先を行っています。

それにたいしてCardano (ADA)は歴史が浅いのになぜ人気があるのか?ここで簡単にその理由を解説させえていただきます。

Cardano (ADA)の人気の理由とは?

ADA coin 仮想通貨

Cardano (ADA)は日本語では「エイダコイン」と呼ばれています。

実は2017年1月にプレセールが行われていました。

プレセールも含めるなら1年以上の歴史がありますが、実はそれ以上の歴史を持っています。それについては後述します。

プレセールの時点では日本円にすると、わずか0.3円くらいでした。

それが今では20円前後の価格ですので、ものすごい伸びです。

当然ですが理由もないのにここまで伸びたりはしないでしょう。ここで簡単にエイダコインの強みをあげてみます。

  • 1.量子耐性が実装予定
  • 2.トークンの発行とDEX
  • 3.チャールズ・ホスキンソン氏が関わっている
  • 4.ダイダロスウォレット
  • 5.圧倒的な送金速度、安い手数料
  • 6.スマートコントラクト「Plutus」
  • 7.安全かつ公平なPoSの実現

この他にもさまざまな強みがあります。エイダコインの特徴を読み解くにはホワイトペーパーを読むことが一番です。

しかしエイダコインのホワイトペーパーは英語の専門用語で書かれているだけでなく、他の仮想通貨と比べても圧倒的な量となるので一般人にはすべて読み解くのは困難です。

日本語で書かれたブログやサイトを参考にしてCardano (ADA)に投資をするか情報収集することも大切です。

第三世代と呼ばれている理由

世代 仮想通貨

Cardano (ADA)は第三世代と言われています。

「ブロックチェーン3.0」「ビットコイン3.0」などという呼び方をすることもありますが、どれもほぼ同じ意味です。

イーサリアムやリップル、ネオなどは第二世代です。まずは第二世代の仮想通貨の意味についておさらいしてみましょう。

第一世代とは「ビットコイン」や「ライトコイン」

通貨としての機能がメインの仮想通貨です。決済手段や資産の保管など、未来の「お金」として使われることを想定しています。

第二世代とは「イーサリアム」や「リップル」「ネオ」

「お金」としての機能に加えて、さらに別の機能もついています。

スマートコントラクトや「DEX」「トークン」の発行などです。

第三世代とは…?

第三世代というからには第二世代の機能に加えてさらに上位の機能も実装されているということが想像できると思います。

第三世代の定義は難しく「難しい」「さっぱりわからない」「詐欺だ」といった意見も多くあります。

とても壮大かつ野望的なことが記されていることも多く「実現不可能」「詐欺」といった意見が出るのも仕方がないのかもしれません。

「量子耐性」にしても、ダイダロスウォレットにしてもまだ実現しておらずほとんどが「予定」なのです。

予定を出すだけなら誰でもできます。この点は他の仮想通貨に投資をするときにも共通するリスクなのでよく理解しておきましょう。

しかし!エイダコインの信用度を一気にあげている要素があります。

それは「チャールズ・ホスキンソン氏」が開発に関わっているということです。

チャールズ・ホスキンソン氏といえば、イーサリアムをはじめとしたさまざまな仮想通貨の生みの親です。

「それ以上の歴史を持っている」と書いた理由は、開発者がイーサリアムなどを作った人であり、その技術やノウハウを持っているという部分にあります。

そのチャールズ・ホスキンソン氏が過去の失敗や問題点をすべて克服した仮想通貨を作ろうとして生み出したのが「Cardano (ADA)」となるようです。

エイダコインのホワイトペーパーにはとても壮大なことが書かれており、これらが本当にすべて実現したらすごいことになるでしょう。

まとめると…

エイダコインはとても壮大な目標を持っており、もしも実現したらすごいことになる!

実現するかどうか、実現するとしてそれがいつになるか?はわからないということです。投資対象としては非常に魅力的ですがタイミングを見極める必要もありそうです。

ビットフライヤーの優位性を理解する!

あなたはビットフライヤーに新規上場した時の仮想通貨の影響力をご存知でしょうか?

かつてLiskが上場した時はとてつもない高騰となりました。

この先、ビットフライヤーに新たに上場するコインは何なのか?

Liskの高騰を目の当りにした人であれば分かると思います。

上場後は価格の100%以上の高騰も容易です。

そして取引所への登録は正式にアナウンスがあってからでは遅いので、

いつでも購入、送金をできる体制をしっかりとっておくのが懸命です。

↓登録制限のない今がチャンス↓

⇒ ビットフライヤー公式ページ

⇒こんな感じの他の記事みる?

ADA CARDANO coin 仮想通貨