2018年注目のライトニングネットワークとは?草コインの中にも対応通貨がある!

lightning network ライトニンングワーク

現在のビットコインが抱えている「スケーラビリティ問題」を解決するのがLN(ライトニングネットワーク)なのです。

英語で「Lightning Network」と書き、直訳すると「電光の通信」となります。

由来は雷のような凄まじいスピードでビットコインの送金ができる仕組みのことを指すものだと思われます。

ここでは略して「LN」と呼びます。LNについて、日本語でより詳しく解説されたサイトはほとんどありません。

そのため、この記事を書いている時点で私自身もそれほどLNについて詳しく理解をしているわけではないのですが、可能な範囲で解説してみます。

LNはすべての送金で利用されるわけではない?

ライト人グネットワーク技術

少ない手数料で少額送金が可能になるという仕組みの部分ですが、ビットコインは手数料が高額ですよね。

でも相当な高額送金をする時にはそれほど気にならないでしょう。

ビットフライヤーを例にあげるなら、ビットコインの送金手数料は0.008BTCです。

ビットコインは現在100万円前後なので800円くらいの手数料となります。

1万円分を送金するときに800円もの手数料を払っていたら割りにあいません。多くの人は手数料が安いビットコインキャッシュなどに交換をしてから送金をするでしょう。

しかし、100万円分を送金する場合ならどうでしょうか。100万円分のコインを送金するときに手数料が800円ならむしろ安い部類に入ります。

ビットコインの手数料が高いという問題は、主に少額決済のときに浮上します。

LNは少額決済専用のネットワークということです。

LNは手数料の問題だけでなく、スケーラビリティ問題も解決します。

その理由はオフチェーン取引ができるということにあります。

ビットコインは基本的にはオンチェーン取引なんです。ブロックチェーン上に直接取引の記録がされます。

LNはオフチェーンなので、ブロックチェーンとは別のところでやり取りがされ、最終的な結果がブロックチェーンに記録されます。

例えば、2者間で複数回の送金があったとして、最終的な結果だけがオンチェーンでやりとりされるので手数料は1回分で済みます。

これによって少額決済の効率が劇的に向上するようです。

LNはビットコインだけではない?

ライトニングネットワーク

ビットコインとLNはセットで紹介されることが多いので「LN=ビットコインの技術」というイメージをもっていた人も多いと思います。

それも半分は間違いではありません。ビットコインが技術面では遥かに先を行っており、多くの仮想通貨はビットコインを模倣しています。

しかし、Segwitが最初に実装されたのはビットコインではありませんでした。

LNについても最初に実装されるのは別の仮想通貨となるかもしれません。

LNを実装することがロードマップなどに書かれている仮想通貨としては、次のものがあがります。

・ライトコイン
・ビットコインゴールド
・Vertcoin
・NavCoin
・Viacoin
・Groestlcoin

とりあえず時価総額250位以内に入っている仮想通貨を調べてみました。ざっと公式のホームページを見ただけなので、見落としがあるかもしれません。

ビットコインとの差別化として「プライバシーの機能」がついていることも重要であると考えられます。

その観点でいうと「Vertcoin」「NavCoin」「Groestlcoin」の3つに注目できます。

Groestlcoinは現時点で222位の仮想通貨なのでダークホースとなるかもしれないですね。

Groestlcoinの取引量が多いのはBittrexですが、Bittrexは現在新規登録者を停止しているようです(一時的な処置かもしれませんが詳細不明)

Bittrexが新規登録を再開したとき、もしくは他の大手取引所に上場されたときは爆発する可能性があるのではないでしょうか。

⇒こんな感じの他の記事みる?

■simple pos poolとは?

マイニングプールという仕組みを利用し、多くの人で資産を集め、大きな資産にしてマイニングします。

大量資産で成功したマイニング報酬がその保有数に応じて全員に分配される仕組みです。

マイニングプールにコインを入れておけば、少額でもその額に応じて効率よく報酬がもらえます!

↓登録制限のない今がチャンス↓

⇒ Simple Pos Pool公式ページ

lightning network ライトニンングワーク