2018年中にADA(エイダコイン)は8000%以上価格高騰するかもしれない次世代仮想通貨?

ADA カアルダノコイン 仮想通貨

⇒仮想通貨自動マイニングウォレット

Cardanoのトークン(ADA)は、2018年初頭、フィンテック専門家らにより、2018年で最も時価総額が大きくなる仮想通貨になると鑑定されました。

その価格は現在よりも約8000%以上も上昇し、2018年末にはビットコインとビットコインキャッシュに続く3番目に高い時価総額になるとまで予想しています。

この格付けをされた討論者は、

  • 元税理士でFPアドバイザーでSprout Superannuation創業者の「Clayton Daniel」
  • ブロックチェーン振替サービスWyre Inc.社長の「Michael Dunworth」
  • 有力企業家Finder共同創設者「Fred Schebesta」
  • 未来派科学技術者「Joseph Raczynski」

才覚のある人達が討論し、ここまで言い切られると、かなり期待してしまいますが、ADAとはそもそもどういったコインなのでしょうか?

2018年に飛躍する可能性はどこまで考えられるのか?みていきたいと思います。

Cardano(ADA)とはどんな仮想通貨なのか?

ダイタレウウォレット ADA カルダノコイン

ADAは最先端の最高の技術者達が開発した暗号通貨です。

仮想通貨で最も将来を期待されるイーサリアムの開発者である天才数学者「チャールズ・ホスキンソン」さんを始め、世界最高トップクラスの技術者が集まりADAは日夜進化しています。

マイクロソフト・グーグル・NASAと同じようにソフトウェア工学に関する国際会議であるASE2017のスポンサーにもなっています(ADAがカジノ詐欺コインと言う輩を一掃)。

ADAには、量子コンピュータ耐性があり、盗まれないための安全なダイダロスウォレットの開発を行っています。

ダイダロスウォレット

ADA以外にもイーサリアムクラシック、ビットコインにも対応予定です。

ダイダロスウォレットは「ADAコインのための」ウォレットなのです。

1コインのためだけに壮大なスケールのビジョンのウォレットが開発される現状はすごいことです。

「ウロボロス」と呼ばれるPOS採用

POWではなく、預けておくだけでマイニング報酬を受けることが可能です。シンプルに銀行にお金を預けるよりもメリットがあります。

POS採用なので、POWにあった無駄な電気代や人件費がかからずエコです。

ADAは暗号通貨の中でもスケーラビリティ(拡張性)を持ち、ハードフォーク(分裂)しないように開発中とのこと。

大手の取引所で取扱いがある

BinanceやBittrexといった多くの人が信頼できる大きな取引所に上場しています。

そして、プレセールから200倍以上の価値をつけ、これからの伸びしろと可能性が期待されています。

上場してからも数ヶ月で、数千の仮想通貨の中の時価総額5位になったことからも注目の大きさを感じられます。

時価総額が5位の時点ですら、ADAは全く完成されてないという未来のポテンシャルもすごいです。

Cardanoは上場までに数年かけて準備してきたといわれています。

しっかりとした計画性と将来性のあるプロジェクトだからこそ、信頼して投資できるのかもしれません。

計画を練って数ヶ月でICOの準備をする企業とは比べ物にならないでしょう。

アルトコインから理にかなっている機能を学習

約1,000 のアルトコインから学習し、採用された今の結果がリアルタイムのADAです。今後どんどん精度を増していく予定です。

第3世代暗号通貨に位置づけられ、ブロックチェーン3.0の位置づけです。

将来的に本物の法定通貨と同等の役割を果たせる存在を目指す

本物の法定通貨と同等の価値を目指すのはホワイトペーパーの目標です。当たり前かと思うかもしれませんが、多くの暗号通貨は基準をクリアできずそこに限界があります。

そして改良を重ねてもハードフォーク、つまり分裂せざるを得ないのです。

将来的にはデビットカードにも対応し、世界中でADAが「いつでも」「どこでも」「誰とでも」使えるようになることを目指します。

日本でのADA利用可能なATMも普及予定で、いつか利用できるようになるとのことです。

Cardanoチームは、ADAの普及のために世界で最も早く日本に力を入れた

私達は世界と比較して少し知るのが早かったかもしれません。

日本の都市や世界の都市で定期的にミートアップが行われており、企業提携や投資家個人による勉強も可能な環境が用意されています。

0から開発されているブロックチェーンということ

ここで他の仮想通貨と完全に差別化を図れています。

2018年度中に最大で価格が80倍暴騰する

価格面から言っても今後最大で2018年末までに80倍になる予想も立っているとのこと。

ADAコインは2018年で最も注目されいる仮想通貨であるということ

ADAはフィンテック業界に貢献できるのです。ADA決済で将来的に様々なモノが取引可能になります。

数年の間に「モノ」とADAを融合させたライフスタイルを目指し、世界的に広まるのも時間の問題かもしれません。

将来的にインテルと連携することも視野にいれています。

ADAの最小単位はLovelace(ラブレス)であり「1Lovelace=0.000001ADA」で、発展途上国の30億人の人々は、ラブレス単位で利用していくのではないかと予想されています。

開発者の衝撃の一言

チャールズ・ホスキンソンのtwitterのつぶやきで「私はデイトレーダーを億万長者にするためにここにいるのではない。
私は世界を変えるためにここにいる。」

2018年春頃にはウロボロスを本格的に実装。2020年まで順調に価格は上昇し続けると予想しています。

■simple pos poolとは?

マイニングプールという仕組みを利用し、多くの人で資産を集め、大きな資産にしてマイニングします。

大量資産で成功したマイニング報酬がその保有数に応じて全員に分配される仕組みです。

マイニングプールにコインを入れておけば、少額でもその額に応じて効率よく報酬がもらえます!

↓登録制限のない今がチャンス↓

⇒ Simple Pos Pool公式ページ

⇒こんな感じの他の記事みる?

ADA カアルダノコイン 仮想通貨