アダルト仮想通貨 SpankChain (SPANK) どすけべコインの将来性と今後の価格予想

spank spankchain 仮想通貨 アダルト

⇒SpankChain(SPANK)はCRYPTOPIAで

今ふつふつときているどすけべコイン『SpankChain(SPANK)スパンクチェーン』は、アダルト業界にブロックチェーンを導入するというプロジェクトで、アダルト業界に革命が起きるかもしれない衝撃的な通貨。

「SPANK」という単位で取引されています。エロコインですから、開発陣も少しふざけていたりと、若干の胡散臭さも感じられますが、活動は盛に行われており、ロードマップも非常に期待値の高い内容となっております。

そしてアダルト業界は人間の性である分野なので基盤が非常に固く、廃れることはまず考えられない分野です。

ロードマップうんぬんの前に大前提としてこの業界であるということが最大の強みで、そしてアダルト系の仮想通貨では首位を走っている最も期待のできるコインです。

ホワイトペーパーも公開されているので、気になる人は一度目を通してみてください。

■『SpankChain(SPANK)』の基本スペック

通貨名   SPANK
公開日   2017年10月23日
最大発行量 1,000,000,000 SPANK
プラットフォーム イーサリアム
⇒公式サイト
⇒ホワイトペーパー
⇒購入可能な取引所
CRYPTOPIA(クリプトピア)

SpankChainの特徴と将来性

spank chain 仮想通貨 アダルト

SpankChain(SPANK)は20歳以上を対象としたプラットフォームを提供しています。

アダルト業界のコンテンツなので「年齢制限」は重要です。

ちなみに同じドスケベ通貨で注目の草コインであるPorntoken (PT)もあります。

アダルトワーカーのプロファイルもブロックチェーンを使って管理しているので、不正や改ざんはできない仕組みです。

これまでのアダルト業界では、ビデオチャットや動画配信でもその提供元である仲介業者を通すことで手数料が発生していました。

SpankChain(SPANK)では、このような手数料を排除し、ワーカーとユーザーを直接繋ぎ合わせるプラットフォームを提供します。

どうでしょうか。かなり需要がありそうなコンセプトです。雇い手を消し去り、働き手と使い手がwin×winになれる仕組みです。

2018年2月1日現在で25.97円。一時期40円を超えていましたが、仮想通貨全体の下げと共に大幅に下落しています。

spankchain spank 仮想通貨

底を掴むのは難しいですが、将来性を考慮すれば今は正に買いの相場ではないでしょうか。

spankが本当に価値のあるプロジェクトで、価値のある仮想通貨なのであれば、2019年から2020年で数百円~数千円をマークしても何ら不思議ではありません。

⇒SpankChain(SPANK)はCRYPTOPIAで

既に日本のドスケベコミュニティも存在

spank coin 仮想通貨

「Discord」というチャットツール内に日本のコミュニティも存在。名前は「hentai」です。だろうな(笑)

同じ変態はぜひ覗いてみましょう。今年に入ってすぐに400人も突破しています。

⇒日本のドスケベコミュニティ

↓「SpankChain(SPANK)どすけべコインが唯一買える場所↓

■クリプトピア(CRYPTOPIA)とは?

クリプトピアはこれから芽が出るかもしれない草コインを大量に取り扱っています。

クリプトピアでも0.001円程度のコインが眠っており、小額投資も始めやすいコインが多数。

そしてコインエクスチェンジとはまた違った銘柄も多く取り扱いがあるため、両方の登録がおすすめです。

運とセンスががよければ「元手千円で億り人」も可能になる夢の大牧場です。

2段階認証もしっかり採用されいるので安心です。

最短登録わずか5分程度で取引の開始が可能です!

↓登録規制のない今がチャンス↓

⇒ CRYPTOPIA公式ページ

⇒こんな感じの他の記事みる?

spank spankchain 仮想通貨 アダルト