2018年3月に仮想通貨大暴落の危機?G20での規制でどう転ぶか?

仮想通貨 世界 規制 取り締まり

3月にアルゼンチンで開催予定の「G20(20カ国・地域)」の総会議で、仮想通貨の国際的な規制を成すための方針が定められる可能性が浮上しました。

この話し合いでビットコインなど仮想通貨を「厳しく規制すべき」という結果になった場合、そしてさらに、その指針が具体的に示された場合、その影響度は、仮想通貨市場の大暴落を招くような計り知れない悪影響を及ぼす結果となるかもしれません。

逆に、弱い規制で投資家や市場にとってプラスと働くような決断が下された場合は、さらに仮想通貨市場が盛り上がる可能性もあります。

G20は世界中の主要な国で構成されており『G2での決断=仮想通貨市場に下される決断』と考えて相違ないものです。

韓国や中国といった一国の規制ではなく、世界基準の規制・ルールが生まれようとしています。

いつか成される世界基準ですが、もしかするとこの3月に始まるG20を皮切りに、世界中の仮想通貨への規制が進捗する可能性があります。

「良」と転ぶか「悪」と転ぶかわかりませんが、仮想通貨市場の発展の上で必ず通過しなければならない登竜門なのかもしれません。

投資家はこのイベント前後をよく注視し、慎重に行動するしかないようです。

G20は、2018年3月19~20日に開催されます。

⇒こんな感じの他の記事みる?

仮想通貨 世界 規制 取り締まり