『ビットコインとは?』仮想通貨に未来はあるのか?買う価値はあるのか?

ビットコインに未来はあるのか

2017年1月15日頃から、韓国の規制発表に続き、中国までも壊滅的な規制発表により、仮想通貨市場では歴史的な大暴落が引き起こされました。

さて、今さら感が満載ですが、『ビットコイン』とは、そもそも何なのか?あなたは今すぐそれを隣の人に説明することができますか?

ビットコインとは、
“インターネット上で流通する仮想通貨の1つ。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて、相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。”
by デジタル百貨辞典

ビットコインとは、
“中本哲史(サトシ・ナカモト)を名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された仮想通貨です。
通貨は国家の信用を基に価値を担保している一方、ビットコインの信用はネットワーク参加者全体で相互に形成されてます。ビットコインの数には限りがあり、多くの人がビットコインが価値のあるものだと信じれば、それだけ価値が上がり、無いものとみなせば価値が下がります。”
by coincheck

簡単に言えば、上記の通りです。おそらくこの解説を読んだとしても「なるほど!」と大きくうなずいて理解できた人はほとんどいないはず。

でも心配しないでください。仮想通貨の仕組みを説明できる人は、投資をしている人の中でもほとんどいないと言われています。

私達が手を出そうとしているのは「暗号通貨」です。このシステムを説明されたところで、素人には理解できないほど複雑です。

「世界共通の便利な電子通貨」これで大丈夫です。

この便利通貨で初めて生まれたのが「ビットコイン」。その他大勢のコインも全部同じです。種類がたくさんあり、強みが違うだけで、どれも同じ便利通貨です。

ただし「ブロックチェーン」という技術を駆使し、今後、5年は間違いなくうなぎのぼりに急成長していく分野であることを知っておきましょう。

世の中はこの「ブロックチェーン」によりさらに便利になります。

ブロックチェーンに関して説明すると、長くなるのでここでは触れずに先に進みます。

安心安全の取引所 coincheck

2018年「規制」「大暴落」で価値がなくなる?いろんなニュースや噂があるけど、今から仮想通貨購入は意味があるのか?また、高額投資は危険ではないだろうか?

ビットコイン 破滅 大暴落 下落 終わり

「仮想通貨は数年以内に衰退する」と言う人もいますが、決してそんなことはありません。仮想通貨は絶対になくなりません。

仮想通貨に関していえば、現状、整備は行き届いておらず、無法地帯状態です。この状況は段々と改善されていきます。

各国の整備が進み、今年、来年中を目処に、一定の規定の中で仮想通貨の地盤が形成されていくと予想できます。

現在は、多種多様な仮想通貨が登場して乱雑しています。

「一時的な投機熱」により無価値なコインまで煽られ、過剰なまでの投資対象となっているのが現状です。

このバブルのような現象は冷めていきます。

ある日突然バブルが弾けるように大暴落するのか、緩やかに下落していくのか。これはまだわかりません。

しかし、突然の大暴落でも、緩やかに下落の道を辿っても、最終的に仮想通貨の価値が0になるということは起きません。

むしろ厳選された通貨へ資金がより流入しやすくなり、価値のある通貨は今後も延び続けます。

価値の無い通貨は投機対象から外れ価値も下がり、やがて廃れて消えていきます。

そういう意味では、10年後に生き残っている仮想通貨へ投資するのであれば、今年でも来年でも投資には全く出遅れていないといえます。

最大のポイント:日本は仮想通貨代先進国といえる(現状です)

仮想通貨大国 日本

日本では異常なまでに仮想通貨熱が高まっています。今ではCMでも腐るほど宣伝しており、いろんなシーンで仮想通貨という言葉を耳にします。

ただ、全世界が日本と同じだとは思わないでください。

日本は仮想通貨の規制が現状としてほとんどなく、「世界で最も仮想通貨が盛り上がっている国で、自由に売買が可能な国」なのです。

ここが最大のポイントです。

日本人が現段階で「仮想通貨への投資が既に手遅れではないのか?」と考えているのは、かなり先に行き過ぎている感が否めません。

世界の投資は全く仮想通貨へ向いていません。まだまだこれからです。

今年中、もしかすると来年かもしれません。

世界中の人達が日本と同じように仮想通貨というものを認知し、自由に売買できるようになる頃、既に各国の法整備が整えられた後になるかもしれません。

そうだとしても、今後、さらに莫大な資金が仮想通貨市場へ流れ込みます。

日本人は焦って目先の値動きしか見えておりませんが、本当の意味での仮想通貨の真価は、早くても数年先からです。

ですので、今から全財産を動かすような全力投機は、将来にやってくる「仮想通貨大時代」までに燃料切れを起こし、力尽きてしまいます。

仮想通貨大時代に突入すれば、現在の含み損や、数十パーセントの値動きなど気にする必要もなかったと思うようになると思います。

そういう意味で「何となく最近値上がりしているからこのコインを買う」という購入方法は全力で間違っています。

将来を見据えて、5年先も広く世界で使われていると予測できる仮想通貨にだけ投資するのがベストです。

ビットコインの価値は落ち着く?

ビットコインの価格は落ち着く?

そうはいっても、ビットコインの価値がやけに低迷してきていないか。それは誰もが気になるところですが、本来であれば現状価格でもあり得ないくらいの暴騰価格です。

2017年の11月は80万以下でした。たった2ヶ月ちょっと前のことです。

その時に言われていたことは、ビットコインはこのままいけば年内に100万を容易に越え、翌年1月には120万まで…

今の価格は2度の大暴落で150万円です。今はどうでしょう。まだ1月の中旬です。

そして、世界の取引所ではビットコイン建てからのオルトコイン購入という流れが基本です。

つまりビットコインはこれからも嫌でも高騰していきます。

仮想通貨が盛り上がれば、ビットコインは嫌でも値上がりします。これは2018年は間違いないでしょう。

ビットコインが大きく下がるのなら、他のコインも大きく下がります。

毎月分配型投資で確実なリスク回避

ビットコイン購入方法

以上のことから仮想通貨はまだまだこの先も問題ないでしょう。

というか現状は、レースでいうとスタートダッシュでこけている状態です。

これまでの暴騰と予測のつかない大暴落をみていると、やはりリスク回避をして投資したいところです。

そこで試したいのが、一括購入ではなく「分配投資」という方法。

1000万円を一度に投資するのではなく、毎月100万円を10ヶ月に分けて投資していく分配投資。

これは確実なリスク回避が可能ですし、毎月投資のタイミングで高騰や下落の購入調整が可能です。

仮想通貨購入のおすすめは断然コインチェック

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨に投資する8割の人がCoincheckのアカウントを持っていると言われるほど利用者が非常に多く、ビットコイン取引高も日本一です。

Coincheckでは、万が一、不正ログインによって資産が盗まれたとしても100万円まで保証してくれます。

そしてなんといってもスマホで簡単に売買でき、画面も見やすく使いやすいアプリがイチオシです!

さらに!投資した仮想通貨で年利5%の収益も可能!

掲載情報に関して

当サイトでは独断の考察で情報提供しております。
投資される場合は、ご自身で納得の上、余裕資金で運営しましょう。
当サイトの情報で損失が生まれましても一切責任は負えません。
投資は計画的にご自身のご判断でお願いします。ご一読ありがとうございます。

⇒仮想通貨レート一覧

⇒こんな感じの他の記事みる?

ビットコインに未来はあるのか