トップへ戻る
2016/04/23

ネットビジネスで成功する秘訣

近年のビジネス形態はさまざな手段が存在しますが、『ネット販売』や『広告収益』も立派なビジネス形態の1つとなりました。

会社に働きに行く事も、もちろん1つのライフワークですし、サイドビジネスを成功させて、それを本業に発展させるのも1つのライフワークといえます。

ネットビジネスで自由に働くライフスタイルは、誰もが憧れるライフワークといえるのではないでしょうか。誰かに雇われることなく、自身がオーナーとなりマネジメントしていくのです。

インターネットビジネスが発展した現代だからこそ、「新しい働き方」で生計を立てることが可能になりました。本記事ではそのライフワークの基盤となる「ネットビジネスで成功するために徹底すべき事」をご紹介していきます。

目次

ネットビジネスで成功を掴むために

1.情報収集能力
・リサーチした上での提案であるか・信憑性があるか・適正な鮮度を保持しているか

2.成功者の手法とオリジナリティ

情報収集能力

情報収集能力

『情報収集能力』はどんな仕事でも必要とされますが、ネットビジネスの世界では最も必要とされる能力といえます。今回はその中でも3つの重要なポイントをご紹介します。

それは、「リサーチした上での提案であるか」、「信憑性があるか」、「適正な鮮度のものか」です。

「リサーチした上での提案であるか」

情報収集能力

例えば、ネット販売に関していえば、「適正商品」や「市場価格」が当てはまります。商材がその市場で本当に求められているものなのか?そしてそれは市場での適正価格であるのかどうか?

全ての要件を満たさなければ思い通りには売れません。しかもその全ての要件を満たした上で、「+αとなる魅力」の有無により商材の売れ行きが大きく左右されます。

こういった一見当たり前のようにも思えるポイントでも、意外と曖昧になっている商品が数多く存在します。某ショッピングサイトでも、リサーチ不足による不適合な価格の商品や、惜しくも「+αとなる魅力」が足りていないがために、魅力が半減してしまっている商品など数多く溢れかえっています。

そういった商品は他の魅力ある同商品に必ず競合負けします。

では、「+αとなる魅力」とは一体どういうものなのか。それは、きちんと情報収集を行うことで、誰でも気付くことのできるポイントなのです。情報収集をしていく過程で、その分野で「より必要とされている魅力は何なのか」、「不足している点は何か」などが自ずと見えてきます。

その答えは必ず自分で探し出す必要があります。この能力を経験の元、しっかり身に付けることが、今後の自分の大きな糧となります。

「確固たる事実」に「自身のセンスを入り混じらせる」ことで、オリジナリティ溢れる「+αとなる魅力」が生まれます。

  • Point.リサーチした上での提案=売れる商材

「信憑性があるか」

信憑性のある情報であるかどうか

どんな商材でも、それ自体に信憑性がなければ全く話になりません。信憑性のない物に人は強い嫌悪感を抱きます。きちんとした裏付けの元で生まれた商材である必要がありますし、その信憑性を持たせるために一定のクオリティに仕上がっている必要があります。

これも事前に十分な市場調査をしていれば、クリアできる問題です。成功を掴むにはあらゆる角度から精査し、見直す必要があります。

  • Point.信憑性がある=安心して売れる商材

「適正な鮮度を保持しているか」

鮮度のある商材であるかどうか

全ての条件が整っている商材だとしても、「鮮度に欠いた物」では残念ながら好調な売れ行は望めません。売れる時間、売れる日、売れる季節、そして流行/風潮の予測も大切なポイントです。

売り出そうとしている市場環境に沿った適正な内容となっているか?古い内容の物になっていないか?この辺りもしっかりリサーチする必要があります。

また、鮮度の高すぎる「先を行く商材」も、タイミングを見誤れば、全く売れない商材となります。現在の市場に求められている鮮度はある程度決まっていますので、見誤らないように、そして出し惜しみにならないようにタイミングを見計らう必要があります。

  • Point.適正な鮮度の物=確実に売れる商材

ネット販売でも、情報商材でも、事前リサーチにどれだけの時間を投資したかで、売り上げはもちろんのこと、会社の方向性も大きく左右されます。

そこには、リサーチした者にしか掴めないノウハウが存在し、そのノウハウは正直、誰も教えてくれません。どんなに良い商品を作っても、戦法を知らなければあっけなく負けてしまいます。

知識の乏しい素人が戦場でどんなに優れた武器を所持しようが、武器を所持していない丸腰の戦闘エキスパートには全く歯が立ちません。

リサーチする能力と時間

会社ではこういったリサ―チ不足による不毛な「戦略会議」が氾濫しがちです。なぜ結果が生まれないのか?事前リサーチは十分に足りているのか?個人的には、このリサーチに費やす時間を仕事の一部として明確に位置づける必要性を感じます。

会議をするのであれば尚更です。どこかの仕事の流れで、どこかの合間で自由に各々で入れ込む…ではなく、明確に仕事の一部として時間を設ける。この部分、曖昧になっていませんか?

2.成功者の手法とオリジナリティ

⇒こんな感じの他の記事みる?