【BSC】SafePal (SFP) の将来性!第2のBNBになる?

ネクストブレイク必至と予想している$SFPについて今後の将来性をみていきましょう。

$SFPってそもそも何?って人はまずは下の記事を読んでからこちらの記事へどうぞ!

【BSC】SafePalの魅力とは?Pancakeと共に担うBSCの大型プロジェクト!

ネクストブレイク必至の予想

$SFPは個人的にイチオシの中・長期HOLDすべきBSC銘柄です。

短期銘柄ではなく、今後の基軸通貨としての可能性もありそうなポテンシャルもあります。

いうまでもなく$SFPはBSCの期待のプロジェクトでもあるSafePalコインです。

BSCの基軸通貨は$BNBでありますが、そのBSCを広く簡単に利用できるSafePalはBSCを利用できる安全な新しいプラットフォームともいえる存在です。

SafePalを利用すればこの場所でBSCの利用も完結させることができる上、BSCとは関係のない資産の管理も容易です。

多くのプロジェクトがBSCに流れてきており、新たなプロジェクトもBSC上で展開されてきておりますので、2021年、2022年はBSCの年となるのではないでしょうか。

急速に発展するこの世界で先を見通すのはナンセンスですが、しばらくはBSCの独走が続くと考えています。

それほどBSCは魅力的な場所なのです。この中で期待できそうなのが$SFPです。

この記事の執筆時点では界隈に広く認知もされておりませんし、期待もされていない銘柄だと思います。

現時点で$SFPは$2ドル付近なので、$CAKEと同じく今後のテンバガーは十分にありえる銘柄だと考えています。

PancakeSwapはDEXの期待の大星、$SFPはそのプラットフォームとして期待の大星といったところです。

しかし$SFPには今後登場するであろう全てのBSCプロジェクトと関わりが持てる期待値があります。

何度も言いますが記事執筆時点で$CAKEは界隈で広く知れ渡りましたが、$SFPはほぼ無名銘柄であり、投資している人も少なく知る人ぞ知る銘柄です。

ではなんでそこまで私が期待しているか説明していきます!

BSCの基軸通貨くらいの存在になる可能性があるかもしれないから

SafePalはBinanceの規制にも深く関係してくるウォレットです。

Binanceは規制といたちごっこ運営ですので、いつ何時に自分の国が規制対象となるか分からない状態ですが、こういった状況でもSafePalはBinanceから独立した存在でありながら、Binance(主にBSC)を利用可能なウォレットであり、かつBinanceのアカウントが不要な独立したプラットフォームであるかのような立ち位置です。

$BNBはBinanceでは絶対王者の位置付コインですが、$SFPは今後の動き次第ではBSCのメインで使えるような基軸通貨に近い扱いをされる可能性すらあるのです。

当然、その位置まで到達できるのは容易ではなく、$SFPのプロジェクトが今後も成功し、他のプロジェクトとの兼ね合いでも独自性を追求できなければならないのです。

しかしながらその可能性を狙える資格は持っているので、その点は大きく評価すべきで、正に隠れに隠れたダークフォースといえる存在です。

さいごに

現状の$SFPの価格は今後のプロジェクトを見据えて、投資家の期待が大きく先行している点が価格に大きく反映されています。

しかし、予定されているプロジェクトを確実に実現することができれば、BNBと比較されるような大きな躍進を遂げる日がくるかもしれません。

※投資は全ては自己責任で余剰の範囲でお願いします!