【BSC】危険なスキャムDEX(詐欺取引所)に要注意!!注意すべき5つのポイントとは?

次世代ハードウェアウォレット
「SafePal Wallet」
を手に入れて先行者利益を見逃すな!

PancakeSwapに慣れてくると他のBSCのDEXにも挑戦してみたくなるのが乙女心!!

↓PancakeSwapにまだ挑戦してない!って人はコチラ↓

BSC「PancakeSwap(パンケーキスワップ)」の使い方!先行者利益で一攫千金億り人を目指せ!!

でも要注意!今、BSCは流れが流れを呼び、数多のDEXが誕生しています!

はっきり言いますと、半分以上はスキャム案件です(詐欺)!!

初心者の人は危なすぎますので、絶対に気を付けてください!
そしてできたらPancakeSwap一択にすることを強くおすすめします!

スキャム案件が蔓延るBSCのDEXに要注意!

BSCではPancakeSwap(以下ケーキと呼びます)に模倣したそっくりなスキャムDEXが多数確認されています!

ケーキのデザインや見た目がそっくりなものはスキャムの可能性がかなり高いので、いつお金が無くなってもいい覚悟をしてください。

ケーキのサイトからロゴだけを変えたサイトや、明らかにケーキと似ている取引所は要注意!!

例えば過去に「ポップコーンスワップと」いうケーキそっくりな取引所がありました!

ポップコーンは見事に詐欺案件で夜逃げするような形で一瞬で姿をくらませました!

なぜに多くの人が騙されてしまうのかというと、そのとんでもないAPRにあります!

スケベな心を持ってませんか?

このAPRの表示が正しいのかさえ怪しいのですが、スキャムは年率15万%とか信じられない年率の案件もあります。

単純に1万円poolすれば、1年で1500万円増える計算になります。とんでもないです。1日で4万円以上も手に入る計算ですね。

さすがにこの数値はありえません!

PancakeSwapでも新規銘柄の上場直後の数十分とかであれば一瞬だけこの数万APRが実現する場合もありますが、ものの一瞬で落ち着きます。

つまり10万APRとかを1日以上も維持し続けているのは明らかにスキャムですし、そもそもその表示が嘘の可能性もあります。

ポップコーンスワップはリリースから24時間以内とかでとびました!w

そこに入れられた資金は当然取り戻せませんし、誰も助けてくれませんし、あなたの資金はそのスキャムチームにプレゼントとなります。

ワンチャンでやるにしても、絶対に少額で無くなっても許せる小銭でトライしましょう!

スキャムではなく爆延するプロジェクトも実際にある

スキャムと思いきや、まさかのプロジェクト大成功の爆延する取引所もあります。

ケーキもリリース当初はいつまで続くのか疑念を抱いている人も実際に多かったと思いますし、本当にリリース直後というのは中々信用されないんですね。

特にこの世界では高跳びするプロジェクトが多すぎますし、ある程度の日数と透明性が継続されないと信用を勝ち取るのも時間がかかります。

ではスキャムなのか新興のクリアなプロジェクトなのかどうやって見分ければ良いのか?

ここを一つまとめてみます。

スキャムである可能性が低いポイント

  • 1.リリースから最低1ヵ月から理想は数か月
  • 2.デザインが丸パクリでないこと
  • 3.SNS(twitter)で情報の更新が切れていない
  • 4.有名なインフルエンサーが紹介している
  • 5.公式界隈にフォローされている

以上、一つずつみていきましょう!

1.リリースから最低1ヵ月から理想は数か月

詐欺案件の多くがリリースから数週間程度でクラッシュする可能性が高いので、数か月以上続いているプロジェクトは単純なスキャムではない可能性が高く(潜在的に詐欺かどうかではなく)、この点でまず信用して良いと思います。

特にお金だけ集めて夜逃げする前提でリリースされた案件は、恐らく数週間以内でとびます。

2.デザインが丸パクリでないこと

前述のポップコーンで述べた通り、夜逃げプロジェクトの多くはコストダウンのため、というか夜逃げ前提であるので、サイト自体の作りも丸パクリ丸出しです。

逆にロゴだけ変えたようなサイトがスキャムでないと判断するほうが困難です。

3.SNS(twitter)で情報の更新が切れていない

真っ当なプロジェクトであれば、営業活動は欠かせないので、twitterなどsnsを利用した宣伝活動は100%行われます。

アカウントがあり、最低3日に一度以上は何かしらの動きが確認できることは当たり前ですので、更新がないプロジェクトは詐欺案件の可能性が濃厚です。

有名なプロジェクトであれば必然的に日に数十もの投稿が行われます。

4.有名なインフルエンサーが紹介している

これは3と似ている部分ですが、営業活動の一環として、名もないプロジェクトの場合であればあるほど、まずはユーザーにプロジェクトの存在を認知させないと始まらならないので、有名なインフルエンサー等を活用し、実際に触ってもらったり記事や動画の仲介的な紹介を行ってもらうはずです。

5.公式界隈にフォローされている

期待のプロジェクトであれば、名が通っていなくとも、著名な人からフォローをもらっていたり、他の公式アカウントからフォローやリツイートをもらうこともあります。

たとえばBSCのDEXとして名もないサイトでも、他の成功しているDEXからフォローをもらっているだけでも1つ信用のポイントが上がります。

まずは信用できるかどうか自己判断でリサーチが重要

これは面白い!と思ってもいきなり飛びつかず、まずは数日のリサーチは必要です。しっかり下調べした上であれば、スキャムを掴む可能性も下がり、もしも失敗した場合でも納得がいくはずです。

一番怖いのは、とびついてその日のうちに資産が失われること。これほど愚かで悲しい事はありませんので、自分なりにリサーチする事は大切です!