美肌になるビタミンB群「ビオチン」は肌荒れと美容に深く関わる

ビタミンB2の必要性

そもそもビタミンB2ってどんなの

ビタミンB2の必要性

「美容のビタミン」とも「発育のビタミン」とも呼ばれており、美しい肌や髪、爪、美肌作りには欠かせない成分。

また、代謝を高める働きで肥満予防になり、ダイエット中の摂取にも効果的。さらに、ニキビなどの予防や、吹き出物を綺麗に修復し、早期回復に役立ちます。

美肌にはビタミンB2

ビタミンB2は水溶性のビタミンで、大量に摂取しても、不要な分はすぐに尿として排出されます。

そのため、過剰症の心配はない。むしろ、妊産婦やアルコールを多く飲む人、激しい運動をする人は体内での消費量が増えるため不足しやすいといわれています。

もつ鍋にビタミンンB2

ビタミンB2を多く含む食材には、レバー系、納豆、うなぎ、アーモンド、モツ鍋(モツ)などがあります。特にモツ鍋は他の栄養素も一緒にたくさん摂れるので、おすすめ。

ビタミンB2は水溶性で一切蓄えられない。毎日、こまめに摂ることが大切。

ビタミンB2が不足すると

肌が荒れる

初期症状としてニキビ等の肌荒れや口内炎が表れます。さらに不足すると舌の炎症や口角炎(口の端が切れる)、皮膚がポロポロと剥げ落ちたり、脂漏性皮膚炎(皮膚が脂っぽくなり炎症をおこす)などに発展。目の充血などの異常も現れます。

さらに、ビタミンB2が不足気味になると、エネルギーを上手に生成できなくなり、慢性的な疲労感に襲われます。この場合、ビタミンB2以外の栄養素も一緒に不足している場合がほとんど。

もしかしたら肌荒れの原因はビタミンB2の不足が原因かもしれません。食事を見直してみましょう。

肌荒れとビオチンの関係

肌がボロボロ

ビタミンB7ともいわれるビオチンは腸内細菌の善玉菌により生成されます。通常の食生活で、不足することはないといわれていますが、腸内環境の悪い人は簡単に欠乏状態に陥るのではないかとも考えられています。

原因不明の慢性的な肌荒れがある人(掌蹠膿疱症など)やアトピー体質の人はこのビオチン欠乏症が原因かもしれません。

研究者により見解は様々ですが、実際にビオチン療法をおこなっている病院もあり、定期的な治療で完治されている人もいます。

美肌と美髪に必要なビオチン

美しい髪と肌

ビオチンは血流の流れを良くし、皮膚の再生力を高めます。細胞を活性化させ老廃物の排泄を促し、皮膚の機能を正常に保つ効果があります。クリニックの美容注射などにもこのビオチンが含まれているほど、その効果は折り紙つき。

ビオチンは美髪にも大切な成分で、毛細血管が拡張され血行が良くなり、頭皮に十分な栄養が行き渡るようになります。育毛効果、抜け毛予防、白髪予防になります。

⇒こんな感じの他の記事みる?

ビタミンB2の必要性