トップへ戻る
2017/07/20

ポップコーンのダイエット効果

ダイエット中のあなた!スナック菓子をどうしても食べたくなる時はありませんか?

ゼリーや寒天など低カロリーのおやつも良いのですが、時々、歯ごたえのあるものが食べたくなりませんか。

そこでおすすめなのが「ポップコーン」です。

ジャンクフードどころか、私達の健康に良い影響を与え、しかもダイエット効果も期待出来るのです!

原料はコーンだよ

ポップコーンの原料のコーン

ポップコーンの原料であるコーンには「食物繊維」が多く含まれていて、食べている途中でお腹が水分を吸収して膨らみ、満腹感が早く得られます。

そしてもちろん繊維質は腸のお掃除をしてくれるので「宿便」を出してくれて体重減少にも役立ちます。

腸に老廃物が溜まると、悪玉菌が全身に増えてしまい、様々な成人病を患う原因となります。

そして免疫細胞の70%が腸内で作られるため、腸が綺麗だと善玉菌が増え、免疫力がアップするのです。

あまり知られていない「フェルラ酸」

抗酸化作用でシワに効果的

ポップコーンにはポリフェノールの1種である「フェルラ酸」が含まれていて、抗酸化作用が期待できます。

この抗酸化作用が促進すると、血液がサラサラになり、お肌の「シミ」や「シワ」を防ぎ、ガンの予防にもなるといわれています。

そして肥満の原因になる活性酸素を殺す作用もあるため、ダイエットに効果があるのです。

どれくらいのポリフェノールが入っているの?

ポップコーンのポリフェノール

ココア1杯で約120mgのポリフェノールが含まれていて、50g袋のポップコーンには150mgのポリフェノールが含まれているのですから、ポップコーンは大したものです。

人は1日に1500mgのポリフェノールを摂る必要があるといわれているので、ポップコーンはお勧めのスナックの1つなのです。

気になるカロリーは?

ポップコーンのカロリーは

1袋50gのポップコーンで約190キロカロリー。同じ50gのポテトチップスで約280キロカロリーなので、随分な違いです。

まとめ

今はポップコーンも色々な種類があり、バター味やキャラメル味などもポピュラーですよね。

ですが、このダイエット効果を期待する場合は「ノンフライの塩味だけ」を対象としています。

でもダイエット効果だけではなく、ポップコーンからはたくさんの健康効果が期待出来るのですから、おやつとしてはもってこいですね。

⇒こんな感じの他の記事みる?