トップへ戻る
2017/06/06

333ダイエットお風呂に入るだけで痩せる

アメリカのトップモデル達にも大ブームの『333お風呂ダイエット』

333ダイエットは、お風呂に入るだけで痩せられる夢のようなダイエット法。痩せられるメカニズムと適切な方法をご紹介していきます。簡単ですのでぜひチャレンジしてみましょう。

333入浴法の方法は?

1.ステップ

3分間お風呂に浸かる

41度〜42度くらいの熱いと感じるお湯に、3分間肩まですっぽりと浸かる。

2.ステップ

身体を洗うなど3分過ごす

お湯から出て身体を洗うなどして、3分過ごす。

3.ステップ

肩までお風呂に浸かる

お湯に肩まで入り、3分浸かる…

これを3セット繰り返すだけなんです!

この繰り返しから「333ダイエット」と呼ばれているのです。特にバスタブに浸かる習慣のある日本人には、簡単でもってこいのダイエット法ではないでしょうか。

3分間お湯の外にいる間は、身体や髪を洗ったり、ムダ毛の処理をする、なんて過ごし方をすると簡単です。

ダイエット効果は?

333dietの効果は

熱めのお湯に肩までしっかりと浸かる事で、身体に水圧がかかり、お風呂から出た時に一気に血流が良くなります。

そしてそれを繰り返す事によって、約300キロカロリーのエネルギーを消費出来るといわれています。

この300キロカロリーを消費する為には、ジョッギングで約30分、ウォーキングで約1時間もエクササイズをしなければならないのですから、たった9分の入浴で同じようなダイエット効果が、得られるのであればとても素晴らしい事ですね。

333ダイエットの注意点

333ダイエットの注意点

1.肩までしっかり浸かる

肩までしっかり浸かる

333入浴法は、水圧からの解放で一気に血流を良くするのがポイントです。

ですから肩までしっかり浸かる事が大切で、これを繰り返す事でエクササイズと同じ効果が得られるのです。

2.お湯の温度

333ダイエットに大切なお湯の温度

41度〜42度の熱いと感じるくらいのお湯に浸かるのが重要です。

ぬるま湯だと効果がなく、反対に熱過ぎると身体に負担がかかり、高血圧や心臓に疾患がある人にはとても危険ですので、十分注意して下さい。

3.水分補給

こまめな水分補給

入浴前に水分を補給しておく事で、汗が出やすくなります。そして入浴後もしっかりと水分補給をしましょう。

ここで十分注意して欲しいのが、アルコール類を避ける事です。アルコールは必要以上に、血行を促進してしまうので身体に負担がかかります。

そして糖分の多いジュースなども決して飲まない事。お風呂上がりの乾いた身体に糖分が多く取り込まれると、血糖値が上がりドロドロの血液になる恐れがあります。

それからもちろんキンキンに冷えた飲み物もNGです!せっかく温めた身体を冷やす結果となります。

4.寝る前には行わない

寝る前にお風呂に入らない

熱いお湯に浸かると、交感神経が働き活発モードになる為、浅い眠りになってしまいます。

333入浴法を行う場合は、寝る1〜2時間前に入浴を終わらせる事をお勧めします。その後、ゆっくりリラックスした時間を取ると、ぐっすりと心地よい眠りにつけるでしょう。

まとめ

333ダイエットは例えば温泉旅行に行った時などでも手軽に出来ます。グルメを楽しみながら、このダイエットを温泉に浸かりながら行えるって最高です。

この入浴法はダイエット効果だけでなく、冷え性も改善すると言われていますので、この方法を取り入れて寒い冬だけではなく、クーラーで冷えきってしまう夏も乗り超えていきましょう!

⇒こんな感じの他の記事みる?