トップへ戻る
2017/06/18

ビーフジャーキーダイエット

今回おすすめしたいのは、最近マイブームの食べ物「ビーフジャーキー」を使った置き換えダイエットのすすめ!

ビーフジャーキーは上手く食事に取り入れることができれば、様々な状況下の人に最適なフードになってくれるはずです。

その中でも特におすすめしたいのは「ダイエット中で食事制限をしている人」「禁煙中の人」「ハードな運動をする人」です。

置き換えフードとしてのビーフジャーキー

置き換えフード

食事制限をしている人に特におすすめできるビーフジャーキー。

ポイントは何を隠そう「肉」そのものであるということ。女性の置き換えダイエットで不足しがちな食べ物ですよね。

肉は「活力の源」といっていいほど大切な栄養素がたくさん詰まっています。

ダイエット中だからといって一切肉を食べないというのは危険な行為です。本来は積極的に摂取したい食材なんです。

そして食事制限や禁煙中の人に役立つ確かな食い応え。ここもジャーキーをおすすめしたい大きなポイントの1つ。

ビーフジャーキーの噛み応え

「食い応え」つまりは「噛み応え」がハンパない食べ物ですよね。

ビーフジャーキーはよーく噛まないと食べられませんので、満腹中枢がしっかり働きます。

加えて「肉そのもの」を食べているので「食事としての物足りなさ」を感じさせません。

そして肉なので腹持ちも◎。塩分が多いから逆に太ったり体に良くないのでは?という意見もありますが、置き換えフードとして考えるなら、こんなに適した食べ物はなかなかありません。

低カロリー

通常一袋食べきってしまってもカロリーはたったの100kcal前後です。

「夜どうしても食べたい」を我慢できない時。野菜中心ダイエットで「肉食べてないなー大丈夫かなー」という時。

どんなシーンでもビーフジャーキーはおすすめできます。

野菜でもドレッシングを使ってそこそこの量を食べれば100kcal前後になりますし、そして同じ肉である「胸肉」や「ササミ」でもそこまで大差はありません。

長期の保存/保管が簡単で、移動先にも手軽にバッグに忍ばせることが可能です。

そして、ハードなトレーニングでしっかり筋肉を付けて、体の脂肪を減らしたい!という人達にも最強のフード。

こちらも食事制限での空腹時に役立ちますね。食べられないけどしっかり肉食ってる感を味わいたい。さらにエネルギーを効率よくチャージしたい。

これはビーフ(牛肉)のジャーキーだからこと成せる業です。

そして何を隠そうジブリの「もののけ姫」でもジャーキーはソウルフードとして登場します。

シシガミの森でぶっ倒れているアシタカにサンは口移しでジャーキーを摂取させています。

あれはおそらくビーフジャーキーなんじゃないか?と私は思っています(仮説笑)もしかしたらイノシシ(a wild boar)ジャーキーかもしれませんが…

てっとり早くパワーを補わせる力があることがここからも伺い知れますね。

おすすめの置き換えメニュー【トマト+ジャーキー】

トマトのカリウムとジャーキー

塩分の排出には「カリウム」を摂取することが重要です。カリウムには利尿作用により、余分な塩分を排出してくれる作用があるんです。

トマトにはカリウムの分量がとても多く、ジャーキーと一緒に食べることで塩分の排出を促してくれます。

またトマトジュースとして飲むのも非常におすすめ。コップ1杯の量で約500mgのカリウムを含んでます。

ちなみにカリウム400mg前後で塩分1gを排出する事が出来るとされています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?筋トレ+ダイエットでの食事制限に「ビーフジャーキー」という選択肢。

唯一残念な点が「値段が高い」というところです。そもそも牛肉自体が高いので、その上、ジャーキーにするまでの様々な工程とコストを考えると、いざ仕方なしの価格帯になっています。

そのため、ビーフジャーキーはどこのお店で買おうが「激安価格」というのが存在せず、おおよそどんな種類のものでもg(グラム)単位で同価格帯に設定されています。

とはいってもです。自分自身の肉体改善に値段は付けられません!健康になる事と同じで投資すべきものです。

値段に臆せず一度ご自身のダイエットフードとして取り入れてみてください!

そして、同時摂取をおすすめするトマトにはお肌を白くする効果(美白効果)もあり、ジャーキー+トマトはダイエット中の女性に非常におすすめです。

⇒こんな感じの他の記事みる?