「理想の身体」を目指し維持するにはあらゆる誘惑を制御し自分を律する!

理想ボディを目指す

理想の体重になるために必要な3つのことは「適度な運動」「食事管理」「ストレス発散」です。

とはいっても「働くストレス」と「食の誘惑」には人間なかなか敵いません。どんなにメンタルの強い人でもストレスは降りかかります。

そのストレス緩和に渇望してしまうのが「お酒」「脂まみれ/甘ったるい食事」ですよね。

暴飲暴食と高カロリー

これらがないとやってけない。明日も仕事を頑張れない。そう感じている人も多いはず。

ではそういった「欲望」はどうやったら取り除くことができるのでしょうか?

芸能人のブログやツイッターでも痩せたアピール写真はたくさんありますよね。理想ボディを手に入れて、頑張って維持している方達がたくさんいます。

羨ましい限りです。「痩せられた人」と「痩せられない人」は一体何が違うんでしょうか。

太い人と痩せている人の違い

今回はその考え方や行動を調査しました。そして私自身もダイエットな日々で心掛けていることをご紹介します。

【心掛けその1】食事コントロールというプロデュース

食事コントロールというプロデュース

食べても食べも太らない人がいますが(腸内細菌が関係しているともいわれています)そういった人達は特別なので除外します。

普通の人達はカロリーオーバーでしっかり太ります。体の反応はとても忠実なんです。

例えば、2日連続終日で外食しなければならないとします。羽を伸ばす海外旅行でのシチュエーションでも、遠方のお得意様の接待でもよいです。

大人になれば状況に応じて高カロリーな食事を食べなければならない場面がありますよね。

では一般人よりもそういう機会の多そうな「痩せボディ芸能人」はどうやって痩せているのでしょうか。

ダレノガレ明美の痩せた秘訣

遠方のロケ地での撮影、ライブツアー、お泊り取材などなど。彼らはそういったシチュエーションの時にどのように食事管理をしているのでしょうか。

グラビアアイドルやモデルなどスタイル維持が重要になってくる芸能人の方は、専属の栄養士のようなアドバイザーが付いている場合もあり、遠方にいてもアドバイス/指導を受けている人も中にはいるようです。

しかし、ほとんどの人は自ら徹底的に摂取カロリーを管理している模様です。話題の尽きない「ダレノガレさん」をフューチャーして申し訳ありませんが、

ダレノガレ明美さん

彼女はいろんなダイエット法に挑戦されているのでも有名ですよね。しかし、そんな彼女でも昔は全く別人のおデブちゃんだったのでも有名です。

「水泳」により劇的に痩せてダイエットに成功されたようです。私も水泳を習慣にしており、そのダイエット効果は計り知れないのをよく認識しています。

水泳は劇的に痩せる

劇的に痩せるには「水泳」が最短の近道なのかもしれません。このように食事管理と同時に「有酸素運動」も必ず必要になってきます。

食事管理でいえば、やむを得ず外食する場合でも「バイキング形式」や「居酒屋」のように豊富なメニューが揃っているお店を選べば、その中で自分に必要なカロリーを考えて摂取しやすいです。

今日の一日で予想される「運動量」に対して、体に必要なエネルギーを考え、何を食べるか選択しなければなりません。

例えば一日登山をする人と、一日事務作業をする人では必要な摂取カロリーは雲泥の差ですよね。

さらに同じ事務作業をしている人でも「体重」「年齢」「性別」「代謝能力」などでも必要な摂取カロリーは全然違うわけです。

痩せるには、まずは自分を知ること。全ての人は「自分の人生を経営する社長」といったりしますが、体重コントロールでも正にその通りで、その日の自分をトータルプロデュースする必要があります。

【心掛けその2】人生は「二者択一」全ては手に入らない!

人生は二者択一

「理想ボディ」の人は羨ましい限りですよね。でもただ「羨ましい」「妬ましい」「ずるい」なんて決して思わないでください。

なぜなら「理想ボディ」を手に入れるために楽しみを捨てていることも多々あるからです。

美しい身体の維持は日々自分を律し続けなければ実現不可能です。

痩せボディを維持するには「高カロリーの食べ物」は普通の人の半分も食べれません。また場合により普通に食事をするよりもお金がかかります。

継続的に運動もしなければなりません。これは習慣化はしますが、それでもしない人よりかは疲れて当然ですよね。

人生すべては手に入らない

例えば
「ゲームをしながらお菓子」→「筋トレしながらプロテイン」
「夜食にラーメン」→「夜食はサラダと豆腐」
「カレーお代わり」→「カレーを消費するために夜間ジムへ」

体を美しくするにはこんなにも普通の人と行動が違います。

【心掛けその3】脂っこい物が食べたくなる会社帰りに要注意

仕事終わりの外食の誘惑に勝つ

仕事終わりに一杯、ラーメン、から揚げ…この欲求には人間敵いません。

しかし!夜の帰り道のこの誘惑に勝つ方法があります。

とっても簡単「マスク着用」です。マスクを着用すれば、おいしそーな匂いを出している全ての飲食店の誘惑をシャットアウトできます。

この「嗅覚封印術」は、食欲という魔物を抑えつけるために心強い盾になりますよ。

我慢できずに、仕事終わりに甘い物を買ってしまったー!中華をテイクアウトしてしまった!そんな大失敗も、マスクを着用すれば激減するはずです。

これ本当に効果てき面なので一度試してみてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?「自分を律する」これはどんなシーンでも大切なんです。「食べなければ良いだろう」という単純な考えの元では成功できません。

痩せる方法とその経緯のプロセス、次に持続させるにはどうすればよいのかを客観的に捉え、自分を経営していってください。

⇒こんな感じの他の記事みる?

理想ボディを目指す