トップへ戻る
2016/10/08

昆布茶のダイエット効果とは

魔法の健康食材!?として、話題沸騰中の「昆布茶」。古くから長寿食として親しまれてきましたが、実はダイエットにもいいんです。どうして昆布で痩せるのでしょう。その秘密に迫ります。

⇒応用編昆布茶レシピをみる

なぜ痩せるのか

なぜ痩せるのか

「昆布」と「ダイエット」…あまりイメージできませんよね。その秘密は隠された成分にありました。

水溶性食物繊維

昆布で出汁をとる時に出るネバネバ、これが食物繊維です。なかでも「アルギン酸」と呼ばれる成分は体内の余分な塩分やコレステロールを排出する働きがあります。高血圧予防の作用も。

「フキサコチン」という成分はたまった脂肪を燃焼するのを助け、新たな脂肪の蓄積も予防します。

特に内臓脂肪に効果があるので、体の中からキレイに近づけます。

ミネラル

海藻類の成分で有名なのはミネラルですよね。昆布にはなんと牛乳の23倍ものミネラルが含まれているんです。

しかも体内への吸収率が80%以上あるので、他の食材と比べても栄養価の高さはピカイチです!

ヨード

新陳代謝を活発化させてくれます。含有量は数ある食材の中でもトップレベルを誇ります。海藻を食べると髪が早く伸びると言いますが、ヨードには髪を健康に保つ作用があるので、間違いではないでしょう。

薄毛治療にも効果があるといわれています。

EPA

最近サプリにも多く取り入れられるようになり、注目されてきた成分ですが、血液をサラサラにし、中性脂肪を抑制する効果があります。

更に動脈硬化予防にも効果があるので、まさに薬のような食材ですね。

バナジウム

ミネラルの一種ですが、バナジウムは体内の血糖値をコントロールするインスリンのような働きをすると言われています。

結果的に血糖値を下げる働きにつながるので、ダイエットにつながります。「バナジウム天然水」なども有名ですよね。

メリット

ミネラルで体に必要な成分を補いながら、脂肪燃焼を促す、これが昆布ダイエットのメリットです。

しかもカロリーは100g中130~150程度で低カロリー。栄養もとれるので健康を損なうことなくダイエットできそうです。

そして、カフェインや余分な添加物等をとらなくて良いので、妊婦さんや授乳中の方、子供でも安心して飲めるのがいいですね。

なぜ注目されるようになったのか?

昆布茶ダイエット注目の理由

なぜ、食の欧米化が進む今、昆布茶が注目されるようになったのか…?「和食」が無形世界遺産に登録されるなど、日本古来のものが注目されているというのも理由の一つでしょう。

チアシードやマヌカハニーなど、欧米由来の〝おしゃれで健康的な食べ物”の注目度も衰えてはいませんが、〝和食=健康的”という図式が成り立ち、健康ブームの昨今では和食のおしゃれなイメージ化が進んでいます。

ミランダカーも昆布茶を愛用

あのミランダカーも愛飲しているという情報もあり、昆布茶の注目度の高さがうかがい知れますね。

梅昆布茶も注目のお茶

そして各種メーカーが発売する「梅昆布茶」も肝です。絶妙な旨味、酸味、甘味を演出され、スーパーなどで手軽に手に入れることができます。

料理などにも簡単に取り入れることができるので、人気に拍車がかかったのでしょう。ちなみに梅にはクエン酸が含まれ疲労回復効果もあるので、ぜひこちらもお試しください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?身近にあった食材が実はこんなにも万能な食材だったんです。いろんな料理のアレンジなども覚えて活用していきたいですね。

もちろん食べ過ぎは注意ですよ!ちなみに、昆布茶を飲むと「ホッ」とするイメージがありますが、これ、あながち嘘じゃないんです。

ミネラルに含まれるカルシウムはイライラを抑えますし、カリウムは神経を落ち着かせてくれます。リラックスできる時間を作るのも健康への近道ですよ。

今日のコーヒータイムは昆布茶に替えてみませんか?

⇒応用編昆布茶レシピをみる

⇒こんな感じの他の記事みる?