初心者が受けるべきフェイシャルエステの種類と基礎知識

フェイシャルエステの基本とは

「とにかく色白になりたい!」「歳のせいかシミが増えた…」「お肌のたるみで老けてみえる…」

お肌の悩みはいくつになっても尽きないですよね。しかし、お肌の悩みは人それぞれです。

「専門家に相談したいけど、実際エステに行くと高いコースを進められそう…」「専門用語ばかりでわからない…」なんて二の足を踏んでいる人も多いのでは?

そこで今回は、どんなエステを受ければ効果的に理想の肌へ近づけるのか?を第三者の目線で解いていきます。

1.肌の奥底から元気に!基本の「イオン導入」

多くのエステサロンでは、まず丁寧なクレンジングと洗顔で肌をまっさらな状態にし、施術が始まります。

そこでエステの基本コースとして登場しやすいのがイオン導入です。

エステの体験コースや化粧品売り場で「コラーゲンボールを食べて肌がプルプルになったというのは気のせい」だとか、「乳液を縫って潤ったと思うのは勘違い」など言われたことはないでしょうか?

実際、化粧水や乳液を縫っても肌の深部には届かず、肌の内部との関係性は薄いと言われています。

肌の深部はとてもデリケートなため、化粧品の中に入っている美容成分が大きすぎて表皮で留まってしまうのだとか。

イオン導入では、ビタミンCやプラセンタなどの美容成分に微弱の電流を流すことによって、浸透率がなんと70倍にも跳ね上がります。

肌の深部まで美容成分が届くことでこれからの肌に働きかけ、肌本来の働きを活性化。若返りが期待できます。

長期的に見れば、シミ、そばかすにも効果があるので、続けることで様々な悩みを改善することができるでしょう。ちなみに電気を流すといっても痛みは全くないです。

2.ニキビやニキビ跡は諦めるしかない?強い味方のケミカルピーリング

思春期にニキビで悩まされたり、大人になっても吹き出物や肌のブツブツが…とツルツルお肌はいくつになっても憧れます。

イオン導入が美容成分を「入れる」なら、ピーリングは要らないものを「剥がす」です。肌にこびりつく古い角質を、化学薬品を塗ることによって取り除き、新しい肌の状態にします。

特に効果があるのがニキビ跡。うまくニキビが治らなかった人も「跡が残ってしまう…」と諦める前に行くのも良いかもしれません。

注意点としては、ケミカルピーリングは合う肌質と合わない肌質があるので、キチンと相談しておくと良いでしょう。

また、一時的に角質が剥がれ肌が薄い状態になるので、日焼け対策が必須。間違っても海へ行く前日に施術を受けないでくださいね(笑)

3.パッと明るく化粧ノリもUP!フォトフェイシャル

光を当て肌のターンオーバーを促す、近年注目されているエステです。肌をワントーン明るく、化粧ノリをよくしたい方におすすめ。

光といっても皮膚に有害な光はシャットアウトされているので、肌に有効な光だけを肌に届けます。光によって細胞が活性化、コラーゲンを生成するので、ハリのある若々しい肌へ導いてくれます。

メラニン色素にも働きかけるので、小さなシミやそばかすなら改善の効果が期待できます。中にはホクロに効果があった人も。

レーザーと比べると肌への負担が少なくトラブルも少ない、なおかつ短時間で施術が終わるので、仕事帰りなど気軽にできるエステのひとつです。

また効果もわかりやすいので、「今週末のパーティーに」など短期間でキレイな肌にしたい方にも是非試してみて欲しいエステです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回紹介したエステは多くのサロンで取り入れられている基本的なものですが、まだまだ様々な種類のエステがあります。

イチゴ鼻には毛穴の吸引、顔のくすみには血流を良くする炭酸泉エステなど、新しい技術は次々に生まれています。

値段や広告の文句だけに釣られずにしっかり内容を理解して、自分にあったエステを選べるといいですね。

⇒こんな感じの他の記事みる?

フェイシャルエステの基本とは