10年間履けなかったズボンが入った!会社の昼休みを利用して学生時代のウエストを取り戻す

かつてのウエストを取り戻す

単刀直入に、私は、何の食生活を変えることもなく、10年前のウエストを取り戻しました。

前回の記事をまだ読んでいない方は、この記事を読む前に、まずは、なぜ痩せることができたのかをお読みください。

私はパンツが大好きでした(パンツっていわゆるパンツじゃないですよ、お洒落な方、ズボンね)。

学生時代からお金を貯めては、お気に入りのパンツを買って、それを履いてお出掛けしていました。その時の高揚ぷりっちゃぁ半端ないですよね~

しかし!社会人になって様々なストレスを抱え、どんどん太ってしまい、気が付けば学生時代にコツコツ集めたほぼ全てのパンツ入らなくなりました。

数にして15本以上。どれも万単位のパンツばかりです。

お気に入りのパンツ

ガーン。

悲しいなんてもんじゃなかったですけど、一度太ってしまうと、いつしか履けないことに諦めの気持ちが生まれました。

そんなこともあり、気に入ったパンツを見つけても、新しく買うということがほとんどなくなりました。

「必要な時にリーズナブルなパンツを適当に買う」という日々を長らく過ごし、そして、気が付けば10年も経過していました。

クローゼットに並ぶ学生時代のお気に入りのパンツ達。

クローゼットのパンツ

約10年もの間、日本の美しい四季を味わうこともなく、暗闇でずっと静かに眠っていました(笑)

10年経ったある日、持ち主に変化の時が訪れました。

そう、ダイエットです。

私は見事にダイエットに成功し、10年間履くことができなかったパンツを全て履きこなす、昔の自分を取り戻すことができました。

私は学生時代の、10年前のウエストを再び手にすることができたのです。

体重マイナス6kgに成功

体重マイナス六キロに成功

私は、会社のお昼休みを利用して、1年間で6kgの減量に成功しました。何か特別なことをしたつもりは自分の中ではありません。

食生活は何も変えていませんし、外食も好きなので、頻繁に食べに出掛けていました。ファーストフードもよく食べていました。

でも、お昼休みに年間を通して歩き続けいる人は、恐らく、ほとんど世の中にいないと思います(笑)

私は、雨の日も傘を差して出掛けて、地上ではなく、地下道を歩き続けました。

雨にも負けず地下道にも負けず

正直、地下道を歩くお昼休みは、つまらなかったです。地下道は空気が悪く、空を眺めることもできないので、気分的にもあまり楽しめませんでした。

でも、毎日続けているうちに、“歩かない”という選択肢はなくなりました。歩くことを完全なる自分の習慣へと変えることができたからです。

努力ではなく、習慣です。歩くことが当たり前になり、歩けない日はむしろ早退してやろうか?というくらいの、自分のアイデンティティーの1つとなったのです。

忙しい時でも私は断固と歩き続けました。だって習慣だから。

ウエストマイナス10cm

ウエストマイナス10cmになった

私はこれまで、パンツのサイズが31~32(インチ)サイズでしたが、1年間の徒歩で、28サイズが履けるようになりました。

そうです学生の頃のパンツのほとんどが28サイズ。

そして、ウエストは見事にマイナス10cmに成功しました!!

履けた日のこの日の喜びは、今思い出しても、ただただ幸せの一言です。

ウォ―キングをきっかけに、食生活も少しずつ見直すように意識し、さらに3kgの減量に成功。

1年と半年で合計9kgの減量に成功しました!!もう一度言いますが、私は痩せた当時、歩くこと以外にはとくに何もしていません。

歩くだけで本当にそんなに痩せるのか?そう思われるかもしれません。

しかし、「継続こそ力なり」という言葉があるように、小さな事でも、地道にコツコツやれば、やがて時が経ったとき、それは大きな1つの成果になるんだとこの時実感しました。

この10年、私はだらけきった生活をしていたんです。学生の頃から10kg近く時間をかけて太っていきました。その間、体重が増えることはあっても、減るようなことはありませんでした。

そんな私でも、この10年分のお肉を帳消しにする事が実現できたのですから、どなたにでも実現できるはずです。

痩せて変わったこと

痩せて私が変われたこと

私はこの減量をきっかけに、今までたいして気にすることもなかった、美容と健康へ深く興味を持ちました

食生活と体重の関係。そして、より健康で美しくなるには毎日をどう心掛けていけば良いのか?

私は歳をとっても、周りの同年代の人達よりも10歳若々しく生きていたい。そう思うようになりました。

5歳ではたいして意味がありません。10歳若返る。そう意気込ました。欲張ればいいんです。今ならまだ間に合う、そう思いました。

このブログにはジャンルはありません。面白い情報をお届けしているつもりですが、健康と美容を主なテーマとしています。

痩せるために必要な知識を多方面から理解し、自分らしい健康法や、ダイエット法をみつけていただけることに尽力していきたいと思います。

人間、だらけることも必要です。しかし、必ず押さえなければならないポイントもあります。

恐らく、今までの私のように痩せられない人達に共通していることは、だらけることと、押さえるべきポイントが混同してしまい、明確に分けられていないからだと思います。

つまり、だらけながらダイエットでは成功しません。やったつもりになって、継続断念がオチです。

やる時はやる。だらける時はだらける。この明確な「メリハリ」が継続の鍵です。

ダイエットは常に100%の習慣にできているからこそ、成功し続けます。

私がそうだったようにです。

地道に努力するのではなく、習慣の1つにして成功し続ける!習慣の1つになれたとき、それは努力ではありません。日常です。

今日からやるか、明日からやるか、選択の権利は常にあなたに委ねられていますよ。

かつてのウエストを取り戻す