納豆を食べて美しさも健康もてっとり早く手に入れる!日本の誇れる食べ物

新しい自分

私は声を大にして言いたい。納豆は世界一体に良い食べ物で、世界一気軽に食べることができ、日本が誇るべき食べ物の一つである。

納豆は最も優先して食べるべき食べ物です。毎日食べるべきであるこの納豆の力について、おさらいしていきます。また、女性は高価な化粧品を使うよりも、納豆を毎日食べたほうが美肌になります。

ポリアミン

血のめぐりをよくする

納豆の今最も注目すべき成分の一つであるポリアミン。ポリアミンは、細胞の再生などに不可欠な成分ですが、特に納豆に含まれるポリアミンには遺伝子レベルでアンチエイジングの効果があることがわかっています。

つまり、納豆を食べると、より美肌になり、寿命が延びてガン予防にもなるということです。特にシミやそばかす、くすみなどのお肌のトラブルに関して効果があります。コラーゲンやヒアルロン酸よりも納豆に含まれるポリアミンのほうがアンチエイジングは高いとも言われています。

世界の死因ワースト1である動脈硬化は、老化と悪玉コレステロールによる動脈の炎症が大きな要因で、ポリアミンはこの炎症を抑えます。遺伝子レベルで効果があるということは、ガン細胞にも有効で、ガン予防全体に効果が認められ、特に大腸がんの抑制に優れた効果を発揮します。

ポリアミンは年齢を重ねる内に体内で作られる能力が落ちていくため、納豆などからのポリアミン摂取は必須です。

納豆の絶大な保水力により一回り若返ります

一回り若返る

納豆のネバネバの正体はアミノ酸が数千結合した状態であり、ポリグルタミン酸とよばれます。ポリグルタミン酸は保水力と肌の機能の正常化に効力があります。

肌の表面にバリアを作り、肌の乾燥や肌荒れを修復し、健康な肌へと回復させます。また納豆に含まれるポリグルタミン酸はヒアルロン酸の10倍の保水力があります。これらの相乗効果により美しい肌へと若返りに効果があります。

納豆レシチン

予防

レシチンとは代謝と深くかかわっており、身体の毒素を体外へ排出してくれます。脂肪の代謝を促進することで、肝臓内の脂肪の蓄積を防止し、脂肪肝や肝硬変の予防と改善に効果があります。

さらに血栓を溶かす働きがあるので、コレステロール値を下げるとともに、血液の流れも良くしていきます。その他にもアルツハイマー病への予防効果もあるではないかと最近注目されています。

納豆キナーゼ

腸内にある血栓や血中の血栓を融解する働きがあり、血液がサラサラになります。また、脂質異常症を引き起こすコレステロールの増加を予防します。特に摂取後の持続時間を考えると、夕食に食べると、就寝中の血液の流れを改善してくれます。納豆キナーゼは熱に弱いので、そのまま食べたほうが良いです。

骨や歯が丈夫になる

骨が丈夫になる

納豆にはカルシウムも豊富に含まれています。夜に食べると安眠・熟睡につながりやすくなります。骨、歯は就寝中に形成されるのもあり、特に夜の摂取がおススメです。

総合的に最強のタッグ「納豆×キムチ」

納豆キムチ

納豆菌をエサにキムチに含まれる乳酸菌は爆増していきます。食べすぎた余分なものを体外へ排出し、脂肪燃焼も促進。キムチは血栓を抑え、納豆は血栓を溶かします。血管系の病気予防へも効果抜群。

キムチの脂肪燃焼効果と納豆の体質改善効果の相乗効果により様々な病気予防にも期待ができ、効率よく脂肪を燃焼し、身体の内からも、外からも美しくなっていきますSHIFT the future。

美の追及最強タッグ「納豆×アボカド」

アボカド

森のバターともいわれる食べる美容液アボカドと納豆の力の相乗効果で、美の真髄を極められます。アボカドは高エネルギー食品ですが、不飽和脂肪酸が主成分になり、ビタミンEの含有量も多いので美肌になります。たまに食べるだけでももちろん効果はありますが、頑張って頻繁にこのタッグで食べてより美肌を手に入れましょう。

胃腸強化最強タッグ「納豆×ネバネバ系」

ネバネバ系

ネバネバ食品は基本的に胃腸の粘膜を強化し、胃腸の強化へ繋がります。同時に食べる胃腸薬で知られるキャベツや白菜との併用で効果倍増です。

納豆まとめ

  • 毎日1つ食べるように心掛ける(食べ過ぎはよくないので注意)
  • 夕食に食べると効果倍増(便秘解消、血液サラサラ、安眠確保、骨の強化)
  • キムチと食べれば様々な病気予防に加え、ダイエット効果も抜群

新しい自分へ
今日からあなたも脂肪燃焼しやすい健康な身体へ SHIFT the future。

⇒こんな感じの他の記事みる?

新しい自分